記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.31

制覇…?

先日、誘いを受けて東京ドームの巨人-広島戦を観戦。
実は、公式戦では巨人だけこれまで生で見たことが無かったので、これでついに12球団生観戦達成ということに。12球団全部を生で見た人はさほど多くはないだろうけど、最後が巨人というのもわりと珍しい?
ただまぁ昨今の事情を鑑みると、微々たるものではあれ支払った入場料が巨人軍の収入になるのかと思うと、やはり少々複雑な気分。ところで観衆は「超満員」55000人だったらしいが…、確かに外野は満員だったし、立ち見もかなりいたとはいえ、内野席は結構空席が目立ったけどねぇ。巨人人気の翳りを実感できる光景ではあった。

新たにとある勉強会に参加。刺戟になりました。グータラな日々から脱すべく、8月は頑張ります。

2004.07.26

不運

今季の東京ドーム観戦は結局全敗…。行った日は負け・行かなかった日は勝ちと、見事なツキの無さ。
新庄効果なのかタダ券効果なのかわからんけど、東京ドームはいづれの試合も結構混雑していて、いつもと違う窮屈さ感じました。

川添昭二編『よみがえる中世1・東アジアの国際都市博多』(平凡社、1988年:古書)購入。久しぶりに神保町で古書を買う。その後、別に欲しい本がとある古書店に出ていたとの情報を教えていただいたので早速翌日赴いたが、既に無し。ついてない。その書店に並んでいた、前々から押さえておきたいと思っていた別の本を購入。

2004.07.21

「お別れ式」

昨日、永原慶二さんの「お別れ式」に参列。改めてご冥福をお祈りします。
時間は待ってくれないことをひしひしと感じます。
とんでもない猛暑の中、暑苦しい格好をしてあちこち移動していたのでさすがに疲労。帰路に非日常的な出来事に遭遇するなど、まぁいろいろある一日でした。

残っていた仕事を消化。これでやっと先送りしてきた課題に取りかかれる…が、あまりにたくさんありすぎてかえって途方に暮れる始末。
そして今週末はまた野球(我ながら懲りないねぇ)。今や貴重になった東京ドーム。

2004.07.12

衝撃の訃報

今日はまたしても朝帰りになってしまったので、選挙結果を見るべく新聞を買ってのんびり読んでいたら、選挙報道に追いやられる形でひっそりと書かれていた訃報欄に目をやる。「永原慶二さん」の名前にしばし呆然。

今年に入ってあまり体調が思わしくないという噂は時折耳にしていたものの、昨年の元気なお姿を拝見していたので、こんなに早く逝去されるとは思っておらずかなり衝撃を受けました。昨秋抜き刷りをお送りした際にいただいた丁重な返信が、私にとっての「形見」となりました。
一応孫弟子に当たる私としては、永原さんの膨大な業績に今後も学び続けることになろうかと思います。合掌。

2004年という年は、日本中世史研究にとってはまさに転機となるのでしょうか。

2004.07.09

のんびり野球が観たいのになぁ

千葉へ観戦に赴くが、ちょうど合併騒動にロッテも巻き込まれたとあって、いつもと違ってやや不穏な空気。
試合の方は連勝で気分良し。ただまぁ合併問題の余波なのか?ちょっと変な人が増えたような気がする。ガラガラなスタンドだと目立つんですわ。
この件に関しての意見は、まだ保留。ただまぁ一言言わせて貰えれば、何事も結果に至るまでの検討過程を明らかにしないと、他者から絶対に理解は得られないと思うけどねぇ。まずは「1リーグ制」がなぜ「改革」たりうるのかを説明してもらわんと。「改革」とは「今ある物の形を変える」という程度の意味ではないと思うぞ。

ところでちょっと宣伝。今年の中世史サマーセミナー、まだ定員に余裕があります。検討中のみなさま、思い切って参加してみませんか? とはいえ、かくいう私もサマーセミナーは今年が初参加。やっぱ貧乏学生には、金銭面で辛いんですよねぇ。
8月は2回帰省する予定でいたが、月末の1回になるかも。8月はさらに旅行の予定が1件増えそうな上に、9月も遠出1or2件、10月には日本史研@京都と物いりなので、なるべくバイトをしておかねばならなくなりそうで…。

あー、夏の間に論文1本は書かないと後に響くんだが…。

2004.07.04

再び山梨へ

…といっても今度は観光や慰安ではなくて、とあるシンポジウム出席のため。行きに乗ったのは8時ちょうどならぬ立川7:53発の「あずさ3号」(元ネタ古すぎ)。

今私が最も関心を寄せている貨幣流通にまつわるお話ということで。それぞれのご報告はいづれも中身の濃いもので面白かったのですが、いかんせんそれぞれのご報告の時間が短く、お話を自分の中で噛み砕くのに一生懸命になってしまいました。あえて贅沢を言わせてもらうと、もう少しそれぞれの報告時間が長ければ、もっとたくさん面白いお話が聞けそうなのになぁ…といった感想。
シンポ自体は2日間にわたって行われるものでしたが、元々そのつもりだったということもあり、当日は一睡もせずに行った(笑)こともありで、貨幣関連の報告が終わった時点で早々に退出。同行した方と帰りも「あずさ」に乗って酒盛りしつつ帰ってきました。

ところがその後、討論の場で私にご指名があったそうで…。まことに不義理をしてしまい申し訳ありません>関係各位。上記の如く、私自身はご報告を噛み砕くのに精一杯であり、実際に発言の機会があっても建設的なことが言えたかどうか…、という言い訳でご勘弁ください。
もっとももちろん、いろいろインスピレーションというか、考えてみたい論点が得られたような気がしますので、なんらかの形で還元できるよう努力いたします。

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック