記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004.08.27

中休み

名古屋で3泊、1日置いて伊豆で2泊。
名古屋では先輩方と旧交を温め、その後名古屋時代からお世話になっている研究所で文書整理のお手伝い(なお、同時期にあった某シンポには行ってません)。相変わらず維新期の文書は難解…。
そして、業界の方はご存じの中世史サマーセミナーで伊豆長岡へ。縁あって事務担当だったのだが、参加自体も初めてで勝手が分からずほとんど役立たずな存在に。今回はシンポも巡見地も比較的中世後期に偏っていたためか、参加者は例年よりやや少なめ。でもまぁあんまり大所帯になるよりは、親睦を深めるという点では良かったのかも。

シンポのテーマはずばり「土豪」。「土豪とはなんぞや」と問われると、わかるようでわからない。深遠。自身の研究に直接関わるテーマというわけではないものの、いろいろ考えさせられました。
そして、久しぶりに中世の原文書を拝見。参加された某御大が文書を読む際に仰せになる様々なコメントはまさに古文書学の講義さながらで、勉強になりました。なるほど、活字ではわからない情報を読み取るためにはこういう所を見るのか、といった塩梅。

巡見では、山裾に集落が点在し、一番奥に土豪(の子孫?)が大きな館を構える中世的村落の面影を残す地域を廻る。のどかな風景の中をのんびり歩くのもそういえば久しぶりで、研究的刺戟のみならず、なんだか癒された気がした。ただ、少々暑かったが。

そこを歩きながらふと思ったのが、父親の実家がまさにその土豪の館に当たるロケーションであること。過去、父親に「実家に文書は残ってるか」と尋ねたところ、「何十年か前に蔵を建て替えたからもう無いんじゃないか」という残念な答えが返ってきたことも思い出した。山村であるため空襲の被害もなかったし、もしかしたら中世の土豪の文書があったかもしれないんだけどなぁ(笑)。
祖父母も既に亡く、父親の実家は長らく訪れていない。小さい頃かわいがってもらった家主の伯父も去年亡くなって縁が薄くなったこともあり、実際行きにくくなってしまった。今度行くチャンスがあればダメ元で文書探索でもしてみたいものだが…。

さて、週末に私の実家へ帰省。1年ぶり。
そして、さらば20代。この10年は、幸いにも満足できるものでした。

2004.08.16

特に変わりなく

オリンピックが始まる。私の活動時間は基本的に夜中なので(笑)寝不足になることはないが、作業をさぼってついテレビを見てしまうのがまずい。

…というわけで、毎日暑いしで、思うようにはかどらず。たまの外へ史料めくりに行こうかと思ったら、その日は休みで開いてなかったりと。
おまけに今週から多忙。名古屋へ、伊豆へ、そして帰省。いや、いづれも楽しみではあるんだが…。

2004.08.09

新(真?)東京ガイド

最近表立って取り上げられなくなりつつある「都立大学改革」問題ですが、水面下ではいろいろあるようです。
こちらを参照。

理事長がただの知事の旧友ってだけで決まったとしか思えなかったりとか
(「彼と一番親しかったのは寮生の高橋さんです。彼らは、寮で悪ふざけしていた仲間なのではないですか(笑)」)
学長が77歳だったりとか、結構すばらしい改革を推進されているようですが、さらにはなんと、「将来的には都心方面へのキャンパス展開を検討していきます」のだそうです。都心から今のキャンパスに引っ越してからまだ10年そこそこじゃなかったっけ? これ、もちろん税金で賄うんですよね。これから都民になろうと思う皆さん、ご注意を。

このご時世にあって教員公募が募集定員を満たさなかったそうで、定員未達により認可さえも受けられない状況にあるようですが…、さてどうなることやら。

あとこれには爆笑。更新が止まっているのか、最新のネタが無いのは残念。

2004.08.05

飛躍の月にしたいが…

計画していた今月前半の帰省は断念。第一の理由はやはり金銭面だが、本業の方にそろそろ力を入れたいという思いもあるので…。帰省は月末に。

しかしこうも暑いと、元々暑いのが苦手なだけに辛い。ただでさえ乏少な集中力が、どうしてもさらに低下してしまう。なんかいい気分転換の方法なんかも考えながら、集中力を持続させないと、何事もさっぱりはかどらない。
20代も残り1ヶ月を切ったけど、さしあたり何をするでもなく。30になったから突然何かが変わるわけでもないから、そういうもんなんだろう。10代の最後の1ヶ月に何をしたか今ではまったく憶えてないわけだし、この1ヶ月の出来事も、よほどの事が起きない限り、しばらくしたらすぐに忘れてしまうだろう。

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック