記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 今年のゼミ旅行 | トップページ | 最後の日 »

2004.09.24

私の見解

数ヶ月ゴタゴタしたプロ野球の問題。漸く一定度めどがついたようなので、私の感想と今後について書き留めておきます。

結論からいえば、最悪に近い結果です。自分の応援しているチームが事実上消滅してしまうことになりました。現時点で所属している選手もおそらく散り散りになってしまうのでしょう。「オリックス」という球団は残ることにはなりますが、私は決して「オリックス」という会社のファンではありません。
思えば私がプロ野球に触れたのは周囲の「阪神至上主義」をよそに、阪急ブレーブスを通してでした。以来、アンチ・セリーグ的な意識も持ちつつ、パリーグのファンであることを支えにしてきた面もあります。実際、オリックスへの身売りとか、神戸移転によるブレーブス消滅には抵抗もありましたが、幸い神戸が地元であったので、まさに地元のチームとして、ブルーウェーブを応援してきました。

パリーグが6球団を維持することになったのは嬉しいです。しかし、私の応援するチームは今年を最後に消えてしまいます。正直言って、ライブドアにも楽天にも失望しました。でもなによりも、オリックスには裏切られました。実質大阪に移転になっても、名前がバファローズになっても、どうせ付いてくるんだろ。この馬鹿にした態度には激怒しています。オリックスには既に前科があるのです。西宮を捨てた事、ブレーブスを捨てた事。少なくとも私はかつては許容しました。しかし今回は許容できません。2度も同じ苦痛をファンに味あわせる経営者を信用することなどまったくできません。しかも今回は、選手の顔ぶれもまったく変わってしまい、チームの伝統もすべて消え去ってしまうような暴挙です。

私は「合併反対」の署名をしました。署名すれば合併が撤回されるとまではもちろん思っていません。しかし、一縷の望みを抱きながら書きました。ほかに署名した100万人以上の人たちには様々な思いがあったでしょう。結局、どんな思いが交錯していようと、それはすべて「無駄」になりました。非常に残念です。


来年どうするかはまだ決めていません。少なくともパリーグファンはやめないとは思いますが。今所属している選手の誰がどこに所属するかで決めるのがおそらく一番現実的な選択になろうかと思います。なるべくなら避けたいものの、その結果合併球団を選択する可能性はゼロではありません。また新球団になったり、既存の他球団になるかもしれません。あるいはたまにテレビで観る程度のいわゆる「ライト」なファンになってしまうかもしれません。それについてはもうしばらく推移を見守りながら、時間をかけて考えてみたいと思います。

プロ野球は何一つ「改革」されていません。

« 今年のゼミ旅行 | トップページ | 最後の日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/1508118

この記事へのトラックバック一覧です: 私の見解:

« 今年のゼミ旅行 | トップページ | 最後の日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazon

最近のトラックバック