記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004.10.30

日常の東と西

なんか最近無性にお好み焼きが食べたい。思えば東京に来てから一度も「お好み焼き屋」に入ったことがない。

折に触れ取り上げているが、私は関東在住関西人ってことで、さりげないところにやはり微妙な違いを感じることがしばしばある。言葉なんてのははっきりしているしわかりきっていることなので今更つべこべ言う必要もないが、とりわけ本当の日常の部分で、改めて風土というか文化というべきか、そうした部分への違いに気付かされる。

その一つがずばり醤油。…というとわりと有名な話じゃないかというツッコミもありそうだけど(笑)、実は私自身はこれまであんまり気にしないできた。勿論味の違いを強く感じて来たことは確かだが、受け入れるべき現実というか、東に来たら東の醤油を味わうのがスジだろうという感覚だったか。実際、小規模なスーパーやコンビニではキッコーマンヤマサしか置いてない。種類は豊富だが、メーカーは東がほとんどを占める。
ところが先日ふとあまり行かなかった近所のスーパーに行ってみると、ヒガシマルの薄口醤油が1種類だけ置いてあったので即購入。懐かしさと同時に、私にとっての本当の醤油の味に再会したような気がした。

薄口しかないのがいかにも残念なのだが、実のところ、関西の醤油は本来薄口であり、濃口は関東オリジナルのものだったそうで(詳細はここ)。正直言ってあまり詳しいことは知らなかったので一々納得したが、これを機会に、醤油の東と西について再確認した。実家に帰るといつもカップうどんを買いだめして帰ろうかと思ったりするんだが、そうか、醤油は考えたことがなかった。

日本社会の歴史における東と西に着目したのは言うまでもなく網野善彦さんだったが、網野さんが必ずしも触れていない、非常にさりげない所にもしっかりと「東と西」がある。それを見付けるのも一興だが、その違いを煽るのではなく、その違いの歴史的背景をしっかり認識していくことにより日本社会の成り立ちが少しでも見える気がして愉しい。

有事無事

世間ではいつもに増していろいろなニュースが飛び交っているが、この1週間は、私の周囲でもいろんな「事件」があった。私はいたって楽観的な性格でして(笑)、出会いや別れ、その他周囲の様々な出来事があっても、動揺することはあまりなく、なんとなくその現実を受け入れてしまったりする。うまく言えないが、運命的なものだからしゃーないか…ってな程度だろうか。こうした心性の根底には、それと引き替えに新しい未来がやってくるというような期待感も何となく感じたりするからではあるが。

もっとも今週に行ったゼミ報告をどう発展させるかとか、新しく引き受けた仕事が果たしてうまくいくのかとか、そういう院生としての悩みは当然常に持ち続けている。まぁそれを愉しむくらいじゃないと院生なんてやってられんし(笑)、どこまで自分自身を客観的に見られるかはわからないけど、自分自身でそれをしっかり愉しんでいるように思う。

ただ11月の前半は珍しく取り立てて予定が無く、かえって途方に暮れる(笑)。かといって予定の無い日に全部バイト入れるのもなんだしってことで、本業に少しは傾注できるか。

2004.10.24

奉祝

今日、名古屋時代の研究室の先輩Sさんと後輩のHさんがめでたくご成婚とのこと。二次会のお誘いを受けたのですが、諸般の事情により名古屋へは行けないので、こんなところでなんですが、お祝い申し上げます。
お二方には長らくお会いしていませんが、新郎Sさんの研究発表を通してのご活躍を常に拝見するにつけ、私も刺戟を受けております。伴侶を得られて今後ますますご活躍されることと思いますけれども、私も公私とも負けないよう頑張りたいです。

ご本人がこれをお読みになっているかどうかはわかりませんが…、先日お送りくださった抜刷のご返事ができず申し訳ありません。いずれなんらかの形でお礼したく思いますので、どうぞご寛恕ください。ご論文はもちろんしっかり読ませていただいております。

泣きっ面に蜂

昨日は研究会があったものの、事情により欠席。
夕方までうとうとしていたら、強い揺れで飛び起きる。関東でもだいぶ揺れたのでテレビで情報をチェックしていると、徐々に「震災」であることを理解する。実家より電話あり。
被害に遭われたみなさまにお見舞い申し上げます。

いきなり卑近な話になるが、台風の影響で食料品がやたら高い。もろに被害を受けた野菜類が高くなるのは致し方ないところだが、すぐさま直接の影響を想像しにくい肉まで高くなっているのは少々納得がいかない。まぁ釣られて高騰しているんだろうけど。今度は新潟方面での震災被害となると、残された砦である米価の高騰が懸念される。
折角最近は自炊する意欲が出てきたのに、これでは外食した方がまだ経済的になりかねない。まぁ飢饉にならないだけ、日本の社会は過去に比べて「進化」したのが救いか。100年前の東京の水準なら、今冬は餓死者が続出していたであろう(多分私も)。

2004.10.18

レジュメ作り新時代?

先日後輩氏に、国土地理院のHPで地図をプリントアウトできるようになったことを教えて貰う。
歴史をやってるとやはり地図を使うことは多い。とりわけ過去の地名を手掛かりにすることになるので、縮尺云々よりも、細かい小字が載っていたりする方が重要。それを満たす地図として、普段は国土地理院発行の地図を使うのがスタンダードになっている。
といってもこの地図、比較的大きな書店に行かないと置いてない上に、地図が膨大でサイズも大きいから探すのは手間だし、持って帰るのも面倒。…というわけで敬遠することも多いのだが(笑)、そんなこんなでネットでコンパクトサイズを印刷して使えるってのはかなり有り難い話なわけです。

実際に印刷してみると、カラー対応になっているが、むしろ見慣れた白黒の方が良さそう。あとマピオン等の先行サービスとは違って地図の範囲が固定されているため、地図の切れ目になる地域がどうしても出てしまうのが難点だが、それは従来の地図でもそうであったので、仕方がないか。なんといってもA4サイズで印刷できるので、そのままレジュメに使えるし、ダウンロードすれば加工することもできるのが大きい(もちろん個人的な利用に限って。論文等にそのまま掲載するのはクリアすべき問題もありそうなので、現時点では留保された方が賢明です)。

というわけで、ご同業でまだご存じない方は一度お試しください。でかい地図持ってコピー機と格闘したのも昔話になりそうです。

2004.10.14

誰か言ってやれよ

審査されるべきは今球団を保有している連中じゃないの?

2004.10.12

3連休の顛末

結局毎日プレーオフをテレビ観戦。

NHK-BSは照明も音声も実況も暗い
テレビ朝日は照明明るめだが、音声も実況もやかましい

選んだのは「CMがない」(笑)BS。しかしなんで金村があんなに売れてんの? 東尾とか大久保とか大塚とかとかぶるところは、さしずめ元西武お笑い系枠なのか(笑)。

今年のプレーオフは本1冊書けそうなドラマ性抜群。やっぱパリーグファンはやめられませんわ。プレーオフには反対する人も少なくないだろうけど、とりあえずどちらのチームのファンでもない立場としては、来年も是非やってほしいと思った。個人的には、1位のダイエーが結局優勝しちゃうより、2位の西武が逆転優勝する方がインパクトがあっていいなぁと思っていたが、ほんとにそうなるとは。9回に松中がサヨナラ打打ってたらそれはそれでドラマだったんだけどねぇ。
…来年は進出したどっちかのチームを応援できるといいけどねぇ。

神田さんの本は読了。おもしろかったんで、暇ができたら後日紹介記事を書きたいと思います。ただ結局ほかの本は読めず。ま、珍しく論文書く気になったんで1日は執筆に費やしたってのもあるんですが。
書きたいことはいろいろ頭に浮かぶものの、論文の構成に悩む。こういうのって昨今よくみかける「論文の書き方」ってな手の本を読めば役に立つのかねぇ? なんかさすがに今更そんな本を読むのも…って思うのは、「おごり」なのか否か。ともあれなんとか解決。

台風、かなり強烈。うちは構造上半地下的な所にあるので、水が流れ込んでこないかとかなり焦ったが、なんとか無事だった。しかし伊豆の被害は甚大だったようで。来月あたり伊豆に行きたいなぁなんてバイト仲間と話していたんだが、ちょっと難しいか。また、9日は昼前の新幹線に乗ってると缶詰になってた可能性があり、京都行を取りやめたのはやはり正解だったと思う。

2004.10.08

台風に祟られっぱなし

これじゃぁとても京都には行けないってことで、とりやめ。日曜は回復しそうなので日帰りで行くことは可能かもしれないが、コストを考えるとそれもおそらくなし。

今年は久しぶりに行く気になったのになぁ。いやはやすっかり台風に祟られてます。
つーわけで週末はすることが無くなったので、読書三昧を決め込む。まずは、新幹線で読むために買った神田千里『土一揆の時代』(歴史文化ライブラリー181、吉川弘文館、2004年)から。そういえばこのシリーズを買うのも随分久しぶりだ。

一足お先に京都へ行った皆様、これから京都へ向かう皆様、くれぐれもお気を付けくださいまし。土産話期待してます(笑)。

2004.10.06

酒の秋?

…ってくらい、最近また酒量が増加。しかも深酒することが多く、さすがに気を遣わないといけないか。

小田原へ茸狩りに行ってきましたが、天気は最悪の土砂降り。
といってもやはり山に入って云々なんて本格的なものが素人にできるはずもなく、栽培されていた椎茸をつまんで採る程度のものだった。まぁそんなもんか。でも初めてやったのでいい経験になった。直後に焼いて食べたが美味。私は元々椎茸は好きな方ではないんだけど、この日だけで数年分の椎茸を食べたような気がする。

その後湯河原の立ち寄り湯に浸かって東京へ戻り、飲み。充実した一日だった…が、やはり朝まで飲んでしまい(笑)体も財布もお疲れ。来月は紅葉狩りか?という話も出る。

週末は日本史研究会の大会で京都へ。また天気が悪そうなのが不安材料。京都へ行くのはかなり久しぶりだけど、観光は多分無理。

2004.10.01

徐々に秋めく

近年は秋なんて名ばかりなくらい11月まで暑いことも多いが、やっと朝晩がしのぎやすくなってきた。重畳。
…って、もう一年の4分の3が終わってしまったのか。
一週間くらいのんびり史料と睨めっこしたいなぁ…と思いつつも、貧乏には暇がない。

ところで飲みの席での勢いで?、なぜか今度茸狩りなるものに行くことに。つーか実際に行ってどうするのかあまりピンとこない。時折テレビで「きのこ採り名人」なる人が、「これは食べられる」とかと言いながら不気味ないでたちをした茸を採っていたりするが、ああいうことをするんだろうか。
まさか松茸なんかあるわけないしなぁ…。つーか私にはどれが食べられるのかなんてわからんのですが。普段食卓で見る茸たちが天然で生えているなんてとても思えんし。さてどのようなドラマが待ち受けているのか、乞うご期待?

秋の訪れということで、夏休みは今週まで。といっても例年言うように、夏休みが終わってもほとんど生活は変わらないんだが(笑)。

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック