記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 元の木阿弥か… | トップページ | 文献目録のことなど »

2004.11.13

最下層労働者だって言うべきことは言う

めったに書かないバイトの話。

当然ながら、日によって暇な日と忙しい日とがある。暇な日は別になんてことはないんだが、忙しい日は時にピリピリすることもある。常に冷静に、和やかにと思っていても、それを堅持することはなかなか大変だったりする。
で、昨日は大爆発と言わんばかりにキレた。もちろん好きで怒るはずはない。常に仲睦まじく、心穏やかに仕事できる方がいいに決まっている。しかしそれにも限度がある。
業種的に週末は常にいっぱいいっぱいで動いているんだから、些細なミスでも、いや、単純なミスだからこそ大きく狂いが生じる。少しでも「流れ」が狂うと大混乱になるギリギリのところでやっているだけに、それを引き起こした事に対する怒りは倍加する。

その怒りを表面化することが良いことだとは勿論思わない。でもそれを抑えることはできない場合もある。それがいやなら余裕を持てるに十分なスタッフ増員をすべきだと言いたくなるが、当然人件費の問題もあるし、もとより非現実的なことはバイトとて重々承知している。だからこそ、「流れ」を乱すに十分な、自信過剰から来る単純なミスでかき回されるは困るのである。

相手は一応上司に当たるし、その立場を損ねるような態度を取ったことは反省せねばならないので、それについては後日詫びを入れようと思うが、いくら相対的に上の立場であるとはいえ、ダメなものはダメという事自体は悪いこととは思わないので(勿論言い方にもよるが)、そこを譲るつもりはない。

年齢的に、怒りを露わにするのははっきり言って大人気ないことはわかっている。しかし、長い付き合いをしている同僚には、平生では滅多に怒りを現さない私がこれだけ怒るのは尋常じゃないとわかるだろうから、それに一縷の望みを抱きたい。

とにかく疲れた一日だった…。

« 元の木阿弥か… | トップページ | 文献目録のことなど »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/1946996

この記事へのトラックバック一覧です: 最下層労働者だって言うべきことは言う:

« 元の木阿弥か… | トップページ | 文献目録のことなど »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック