記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004.12.29

初雪

年の瀬でようやく初雪。それでも平年よりは少し早いらしいが。
それにしても寒い。普段暑いより寒い方が好きと公言してはばからない私にとっても、この寒さはかなり堪える。今月の数少ない一日フリーの日なんだけど、外に出る気が起きない。

あっという間に年越しが迫ってきた。雑事に忙殺されて、酒量が激増した事以外はまるで実感なし。今年の年越しも家で静かに迎える予定。
私の仕事納めは明日(笑)。その後恒例の忘年会があるのだが、行くべきや否や悩みどころ。でもたぶん行くんだろうなぁ(笑)。

今回の記事が、blog化後でちょうど100回目になりました。3~4日に1回とは、随分書くペースが上がったもので。blogで更新が楽になったのはやはり大きい。
区切りよく、今年の書き込みはこれが最後ということで。皆様良いお年を。

2004.12.27

HP制作環境

HPビルダーを使うのはやめることとし、HP Managerというソフトをインストールするが…、これもうアップデートが止まってるみたいでして。
でも使い勝手は良さそうなのでしばらく使ってみることに。

年末だからということで、飲み続き。年が明ける頃にはもう飲み疲れになっていそうな(笑)。
なるべく早く届くよう年賀状をせっせと書いたのに、投函し忘れてまだ手許に。無意味。早く出さねば…。

しかし今も昔も、荘園制って難しいテーマですね。

2004.12.24

転居始末記8(ひとまず終)

旧居の立ち会い及び鍵渡しを終える。
清算は後日ということで、内見しただけ。はなっから期待はしてないものの、敷金返ってくるのかなぁ、と気になる。

というわけで、転居にまつわるドタバタはこれで一区切り。荷物は一向に片づいていないが(笑)、ぼちぼちやります。
さて、年賀状&転居通知書かないと。そういや住所録も旧デスクトップの中なんだよなぁ…。取り出すの面倒くさいけどやらねばならぬ。

永原慶二『苧麻・絹・木綿の社会史』(吉川弘文館、2004年)購入。今日の夜はこれ読んでさっさと寝ます(笑)。

2004.12.19

お願い

重要な事を忘れていました。

先日書いた通りのような事情によりまして、これまでいただいたメールがすべて参照不能になってしまいました。そのため、これまで私にメールをお寄せくださった方のアドレスがまったくわからなくなっております。
後日壊れたデスクトップの方から取り出せるかどうか試してみようとは思いますが、ここを御覧の関係者のみなさまで取り急ぎ私に通知しておいた方が都合が良いという方は、ご面倒でなければ空メールで結構ですので私宛にアドレスをご教示くだされば幸いです。よろしくお願いします。

転居始末記7:まだ終わらない(笑)

今日はレンタカーを借りて旧居に残した掃除用具を取りに行ったり、ライフラインの精算をしたり、買い物をしたり。
わりと余裕をもって出かけたものの、旧居のほぼ直前にさしかかって鍵を忘れた事に気づく。大失態。結局高速をかっ飛ばしてもう一度往復する羽目に。オービスに引っかかってなけりゃいいけどなぁ…(苦笑)。
これで旧居関係はいよいよ立ち会いでの引き渡しを残すのみ(今度は鍵を忘れないようにせんと…(笑))。あと一回行けば2年半過ごした町ともおさらば。

新居の環境も、最低限の部分ではやっと整う。しかし段ボールはまだほとんどそのまんま。年内に全部開けるのはもう無理だなってことで、ゆっくりやることにする。
さて新たに物干し竿を買ってきたのだが、なんと長さが微妙に足りない(笑)。無理すればなんとか届くんだけど、細工をしないと洗濯物を干したら落ちてしまいそう(=洗濯が無意味(笑))。ちゃんと測っておけよって言うことなんだけど、そもそも行った店にはそれより長いのが置いてなかったしなぁ。長さが足りてるかどうか実際思案したのだが、せっかく車で行ったからと勢いで買ってしまう。これが失敗だったか。

連載はもう少し続く。

掲示板改装中

諸事情によりまして、一旦掲示板は閉鎖しました。
後日再開したいと思いますが、新たに無料掲示板を利用する予定です(またtcupかも?)。
なおチャットの方は、再開せずそのまま消滅ってことで…。

取り急ぎこちらでご連絡をば。

2004.12.18

パソコン環境復帰

仕方がないのでビックカメラに行ってHDDケースとノートで使うマウス、プリンターをUSBに接続させるためのケーブルを買ってくる。とんだ出費。
でも結果は上々。HDDの救出に成功。やはりドライブがクラッシュしたのではなく、BIOS異常であったことがほぼ確定。
引越ゴミも気になるところだが、さらに一つゴミが増える(笑)。パソコンの処分は面倒なんだよなぁ…。カネも掛かるし。頭が痛い。

サブとして買ったノートがこれからしばらくメインマシンになる。もっとも今まで使っていたデスクトップよりずっと高性能なんだが(笑)、B5サイズなので画面がやや小さいのは辛い。

転居始末記6:重大トラブル発生

引越そのものは至って順調に終わる。作業員は当たり。
しかし引越後はドタバタしていて一向に段ボールに手をつけることができず、今もまだほぼ全部そのまんま。来週は比較的余裕があるので、なんとか進捗させたい。
旧居の掃除と役所への転居に関する手続きもほぼ終了。あとは恐怖の引き渡し手続きが待っている。
ところで郵便局に転居届を出すものの、手続きに最大一週間もかかると言う。これでほんとに民間になる気なのかねぇ? ふつうの民間サービスだと、即日手続きが当然のはずなんだが。

さてやはり発生しました重大トラブル。なんとデスクトップのBIOSがどうも壊れてしまった模様で、メインに使っていたHDDがちゃんと認識されなくなった。まさに最も恐れていた事態。何度も再起動するとアクセスできたりする場合があったりするので、そのチャンスがまた来ればなんとかデータを救出したいのだが…。修論もゼミのレジュメも、新稿の書きかけや必死こいて作った表も全部その中…。
さしあたっては、来週に勉強会で報告せねばならず、そのレジュメを準備せねばならないのだが、作りかけだったデータを取り出せないので、一からやりなおし。それくらいならまだいいのだが、ノートの方はコネクタを買ってこないとプリンタに接続できないので、今のままではプリントアウトができない。
うーん、やることがいっぱいあるのに…。非常に困った。 

2004.12.17

ネット環境復帰

引越は無事終わり、ひとまず今日ネット環境も整いました。
50mbpsと謳う割には思ったほど速くはならなかったようで。まぁそんなもんなんでしょうけど。
ひとまずご報告まで。引越の顛末はまた後ほど。

2004.12.12

転居始末記5

契約手続及び新居側のライフライン手続は終了し、ひとまずすべきは荷造りのみ。
しかし我ながらほんと物が多いと感心する。今の家に引っ越した時に見て以来久しぶりに見た物もちらほらと(笑)。そういうのって捨てればいいんだけど、貧乏性なのもあり、今はゴミを出すのもいろいろ面倒だしで。そういう物に限って、燃えるゴミには出せないものでして。

しかも元々手狭であるため、荷造りした後の段ボールの設置スペースにも一苦労。これが作業の意欲をそいでしまい、なかなかてきぱきとはいかない。それでももう20個近く段ボールを使ったが、まだ本が半分近く残ってるし、食器類は手つかずだし…。カネ払ってでも完全お任せコースにしたくなる人がいる気持ちがわかる。

ともあれ明日いよいよ転居につき、転居前の記事はこれで終了。次に書くのは転居後になりますが、果てさてその間どんな事件が待ってるのやら(もちろん何もないのがベストなんだが(笑))。ネットは新居の接続環境が整うまでお休みなので、次回は1週間くらい開きそうです。

2004.12.09

転居始末記4

段ボールは1日遅れで無事到着。荷造りに充てられるのは実質3日だが、果たして荷造りを終えることができるのか。終えないといけないのではあるが。前回引越(2002年4月辺りの記事参照)に比べて本が随分増えたからなぁ…。

さて審査には通ったそうなので、電話移転の手続。NTTは手慣れたもんであっさり終了。あまりに手際が良すぎて、「手数料2000円掛かります」の一言にしばし狼狽(いや知ってたんだけどね(笑))。ISPの方は転居と同時に移転というわけにはいかず、数日ほど通信不能期間が生じる模様。まぁしょうがないか。
現在はADSLの8Mなのだが、今や既にこのようなカテゴリは存在せず(笑)、ほぼ強制的にコース変更となる。どうやら幸いにも電話局から比較的近いようなので、思い切って最速の50Mに変更。つーかつい最近まで24Mとか謳ってたのに、もはやそんなコースは跡形もなく(笑)、50Mなんてレベルにまでなってるのねぇ。日進月歩。減衰がほとんどなかったら実質速度は光より上なんじゃないのか? それにしても、56Kで狂喜していた頃がウソのようだ(笑)。

書類も無事揃い、いよいよ本日本契約。続いては電気・ガス・水道といったライフラインの手続が待っている。
というわけで、まだ続く。

2004.12.07

転居始末記3

早速トラブル発生(笑)。
といっても小さなものだが。引越屋に持ってくるよう依頼した段ボールが、その日に来ず。ちゃらんぽらんな仕事しやがって。段ボールの入手が1日ずれたところで引越計画に大した影響はないとはいえ、ちょっとむかつく。

2004.12.04

転居始末記2

さて契約書を保証人の親に送付し、現在の家を管理する不動産屋に退居の通知。結構あっさりとした応対。
次の難題は引越業者選び。不動産屋でパンフをいくつか貰ったが、とりあえずネットで情報収集。こういう所をたまたま見付けたのでちらほら読んでみるが、良いという意見と悪いという意見がどこも似たり寄ったりな感じで、要するに値段と、どんな作業員が当たるかの運次第のような気もする。繁忙期の年度末ではない分それほど雑な対応にはならないと思うが。
そのほか某巨大掲示板なんかも見たりしたが、結局、前回引越の際に依頼した業者(大手)に電話して決定。おおよその相場もネットで確認していたが、その範囲内だったし、希望する日に空いていたしってことで。

続く。


ゲートウェイが再び日本に進出だそうで。今もユーザーの私にとっては朗報。

2004.12.03

転居始末記1

とりあえず転居が完了するまで体験記を連載してみたいと思います。
途中とんだトラブルに見舞われたら打ち切りもあり得ますが(笑)。

さて、当然ながらまずすべきは家探しのための不動産屋巡り。…といっても、私実は候補の不動産屋を事実上一件に絞っていました。最近東京都では不動産取引に関する条例が施行されていて、退去時リスクを勘案した業者選びにそれほど神経をすり減らす必要は無くなったものの、やはり信頼できそうな所を選びたいもの。…といっても、この業者さんを選んだ根拠は、某不動産関係業者さんのblogで好意的に書かれていたからってな理由だったりしますが(笑)。慎重なのかずぼらなのか。
ともあれ、運良くその業者さんで契約することになりました。ただ第一候補の物件については断念。そこの大家さんは夫婦での居住希望で、単身だといい顔されそうになかったので。不動産屋さんの方は説得を試みても良いとのお話でしたが、私の方が怖じ気づく。ともあれ独り身の辛さよ(笑)。
…つーわけで、次善の物件で契約することに。壁がやや薄そうなのと、スーパー・コンビニがちと遠いのは難点だが、築年数の割に綺麗だったし、十分な広さもある。またかなり静寂な環境の模様。

さて、これからは今の家の退去手続の方へ。最大の問題は退去時の負担額。ここでトラブルにならないことを切に願う(敷金没収程度なら諦めるつもりだが、追加負担を言い渡されるようであれば抗戦する可能性大)。

続く。

2004.12.02

環境を変えるべく

ついに大学近辺への転居を決意。
年明けからいろいろとやるべき事もあるので、できれば年内決着の方向で。

詳細は続報を待て(笑)。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック