記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 作業環境の再構成 | トップページ | 過ぎゆく時 »

2005.01.22

惰性の悪政

また授業料値上げかよ。しがない学生がどうやって年50万以上も捻出できるんだっつうねん。国立大学の授業料はこの10年で年10万近く、2割ほど上がっている。この10年で物価は2割も上がったか?

補助金減少が授業料値上げの最大の理由だとされているが、そうじゃなくて、実際は惰性で値上げしてるだけなんでしょ。取る側にとってみれば、値下げは必死になって避けようとするだろうが、値上げを問題視する姿勢など根本的にあろうはずがない。
そもそもその理論武装としてだかなんだか知らんが、「私学との格差是正」などというのも理由にされてきた。ってねぇ、私学と格差があることこそが国立の国立たるゆえんだろうに。
それも独法化で過去の議論になりつつあるとは言えるが、そもそもその授業料で学生が自活出来うるのかどうかという基本的な部分に考えが行かないのはどうにかしてもらいたいもんで。親が出すのを前提にするのはどう考えたっておかしいでしょ。学生が自分で出せるのは、どう頑張ってもせいぜい月3万(年36万)くらいまでですよ。月5万近くも授業料で取られたら、学業どころか生活もできないんだが。

なお、ここここを参照。

« 作業環境の再構成 | トップページ | 過ぎゆく時 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/2663151

この記事へのトラックバック一覧です: 惰性の悪政:

» 高すぎる教育費 [Katazu通信社]
国立大授業料、1万5千円上げ大勢も初の格差 (読売新聞) - goo ニュース 国立大の年間授業料の「標準額」が今春、52万800円から53万5800円に1万5... [続きを読む]

« 作業環境の再構成 | トップページ | 過ぎゆく時 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazon

最近のトラックバック