記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 温故知新 | トップページ | 読書週間 »

2005.04.27

のどかな日常と漏れ聞く悲劇

sekiyado写真は千葉県野田市の関宿城跡。天守閣を模した立派な資料館が今は目立つが、中世城郭としての本丸はひっそりとしていた。
というわけで、下総北部の城巡りをしてきました。ややハードスケジュールだったけど、天候に恵まれてリフレッシュ。猿島は広大な田園風景が広がっていて、東京近郊にもこんな景色がまだ残っていたのかと感慨深いものがあった。おそらくつい50年くらい前まで、都心を除けば、関東平野はみなあんな風景だったんだろうなぁ…と思う。

しばらくゼミや研究会(=飲み)が続いてなかなかblogを書く暇がなかったのだが、その間に皆さんご存じの尼崎での大事故。私自身はあの路線に乗ったことがないし、沿線に知人は少ないのだが、やはり心配だったのでなかなか諸事に手を付けられず。時間帯が時間帯だけに大学生がかなり多そうな気がしていたが、やはりその中から犠牲者が出たようで、なんとも痛ましい。その瞬間まで変わりなく生活していた人が突然命を奪われることの恐ろしさ、遺族や友人等の衝撃は計り知れない。筆舌に尽くしがたい。

« 温故知新 | トップページ | 読書週間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/3881751

この記事へのトラックバック一覧です: のどかな日常と漏れ聞く悲劇:

« 温故知新 | トップページ | 読書週間 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック