記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 本番を前に | トップページ | 四月病? »

2005.04.17

歴史学やら対外関係やら

口頭報告。マイクを使って喋るような報告はおそらく初めてだったので、やや緊張する。おかげで研究者の方のお名前をど忘れしたり、間違った回答をしてしまったりで。
やはり少々中身の薄い報告になってしまったかも。当日ご教示をくださった皆さんに御礼申し上げます。

さて巷では中国の反日運動に関する報道が盛んなようで。いつもながら「歴史問題」が原因だという主張なので、こういう時こそ歴史学者は何かをすべきではないか…とお思いになる方も多いでしょうが、それ以前にこれはまったくの政治問題。歴史学という場においては、かの諸問題はほぼ解決済なわけで、学者がどうこう言ったところで解決するような問題ではないでしょう。政府は日韓の時のように、またぞろ「学者外交」を押しつけようとしているようですが、学者に外交交渉させるなよな。まったくみっともない。
ところで、「日韓歴史共同研究会」ってどうなったんでしょ? そろそろ報告書なるものが出来る頃ではないかと思うんですが。

« 本番を前に | トップページ | 四月病? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/3744946

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史学やら対外関係やら:

» [IZ]:歴史共同研究委員会が意見調整できず活動終了へ [Internet Zone::Movable TypeでBlog生活]
歴史共同研究委員会は、もともと歴史分野で相互理解と共通認識を深めることを目的に、2002年3月、日韓両政府の合意にもとづいて設置されたもの。政府レベルでの合意な... [続きを読む]

« 本番を前に | トップページ | 四月病? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Amazon

最近のトラックバック