記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« するりとこぼれ落ちる | トップページ | 播州の史跡(7) 円教寺その2 »

2005.09.28

投稿の機会均等

oshio1写真は文明元年(1469)に赤松政則が築き、戦国期の赤松氏の本拠地となった置塩城跡(兵庫県夢前町)の登山口です。当時は「小塩」と書かれることもあったことから、「おしお」もしくは「おじお」と読まれていたようです。現在の地名は「おきしお」ですが。結構な山城でもあり、訪れたのが夕方だったので登るのは諦めました。

ここしばらく、飲んだり原稿書いたり野球を観に行ったりと。原稿の方はなんとか投稿できそうな体裁になったので、どこへ出そうかと悩む。
ほかの分野もそうだと思うけど、日本史の場合も多くの専門雑誌がある。そして、昔ほどではないようだが、それぞれに微妙に異なるカラーがあったりする。理論重視な雰囲気なのか、実証重視な雰囲気なのか、どこかの時代(地域)に比較的傾いている雰囲気なのか、とか。もちろんごく現実的に投稿規定にも違いがあって、そこらへんのもろもろの「空気」を嗅ぎ分けて投稿先を選んだりするのが「お約束」と言える。
ただし多くの雑誌は投稿資格が会員に限られているので、正直な話、投稿するために入会したりもする。で、その会費が年単位なので結構バカにならない。とりわけ貧乏学生には実に重い負担になってしまうのが困りどころ。もちろん掲載されれば年会費分の元が取れるくらいの原稿料を貰える場合も多いのだが、投稿段階では持ち出しになることに変わりはないので、やはりこれが結構な負担になってしまいます。
会員にのみ投稿資格を与えるというシステムも致し方ないところなのだが、会費の支払が重くのしかかる院生に対しては、なんらかの救済措置があってもいいんじゃないかなぁ…と勝手ながら思う。学会によっては学割があったりもするが、それでもなお複数の学会に入会するとトータルでの負担がきつい。もっとも今は学会も財政がかなり厳しいようなので、できるだけ多くの会員を確保したいだろうから、そこらへんは譲歩するのは難しいところではあるだろうけど…。
とはいえ純粋に経済的理由のみで投稿の機会が制限されるケースもあり得るわけで、それが慢性化すると学界全体にとっても損失となりかねない。なんとか「機会均等」がしっかり維持されるようになればいいんですがね。

« するりとこぼれ落ちる | トップページ | 播州の史跡(7) 円教寺その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/6163448

この記事へのトラックバック一覧です: 投稿の機会均等:

« するりとこぼれ落ちる | トップページ | 播州の史跡(7) 円教寺その2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazon

最近のトラックバック