記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 5年ぶりの日本史研究会 | トップページ | 新たなる出発、新たなる出会い »

2005.10.12

両毛ツアー(5) 金山城跡その1

kanayama02群馬に入り、太田市の金山城跡へ。新田一族である岩松氏の居城です。応仁3年(1469)に家臣の横瀬国繁に命じて築城した、とされています。しかし実権は横瀬氏(のち改姓して由良氏)に移り、戦国期は同氏の居城として表れます。ここも唐沢山城同様に難攻不落を誇ったようですが、天正期に後北条に明け渡し、小田原落城とともに廃城となりました。詳細はこちら
kanayama03ともかくも、この城跡はビジュアル面で圧巻です。復元整備が積極的に進められており、その規模の大きさを体感できます。
kanayama04
kanayama06今回の写真は縄張りとしては城の外郭部に当たりますが、それでいてこれだけのものが築かれていたというのは驚きです。おそらく廃城寸前の時期のものとは思われますが、頻繁に戦争に見舞われた地域なだけに、城がこれほど大規模化したのでしょうか。

« 5年ぶりの日本史研究会 | トップページ | 新たなる出発、新たなる出会い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/6363710

この記事へのトラックバック一覧です: 両毛ツアー(5) 金山城跡その1:

« 5年ぶりの日本史研究会 | トップページ | 新たなる出発、新たなる出会い »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック