記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 両毛ツアー(7) 金山城跡その3 | トップページ | 九博開館 »

2005.10.15

両毛ツアー(8) 生品神社・長楽寺

ikushina03次に訪れたのは新田荘故地。まずは生品神社(太田市、旧新田町)。元弘3年(1333)に後醍醐天皇の綸旨を受けた新田義貞が挙兵した所とされています。はじめはわずか150騎だったが徐々に加勢を得て、わずか15日で鎌倉幕府を滅ぼしたと言われています。今は産土神として信仰を集めているようでした。
chorakuji01続いては長楽寺(旧尾島町)。かの世良田地域に建つ寺院で、中世文書を多く伝える所として著名です。本堂は去年建て替えたそうで、非常に真新しいものでした。木造で新しいお堂を見るのはかえって珍しい。
世良田に建ち、近くに徳川の地名があるなど、徳川氏にとっては「発祥の地」として重視された地域で、この長楽寺に残る建物は近世に臨済宗から天台宗へ改宗した後に建てられたもので占められています。ここも中世を偲ばせるものはほとんどないのですが、写真の宝塔(重要文化財)は建治2年(1276)建立の銘があり、中世のものです。
chorakuji02隣には世良田東照宮があります。徳川氏発祥地として寛永17年(1640)頃に建立されたそうです。本殿はこの時新築されたものですが、写真の拝殿(重要文化財)は日光東照宮から移築したものだそうで、元和期のものとされています。
chorakuji03こちらの鉄灯籠(重要文化財)は日本最大のものだとか。元和4年(1618)に上野総社藩主秋元長朝によって造られたそうです。

近くに東毛歴史資料館もあったのですが、既に時刻は午後5時に近かったのでパス。ここから宿の伊香保温泉まで一気に移動しました。伊香保は土砂降り。宿の人によれば伊香保は元々雨が多いそうですが、それにしてもついてない(笑)。あんまり深酒せず、ゆっくり休む。これで二日目終わり。

« 両毛ツアー(7) 金山城跡その3 | トップページ | 九博開館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/6412610

この記事へのトラックバック一覧です: 両毛ツアー(8) 生品神社・長楽寺:

« 両毛ツアー(7) 金山城跡その3 | トップページ | 九博開館 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック