記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 両毛ツアー(6) 金山城跡その2 | トップページ | 両毛ツアー(7) 金山城跡その3 »

2005.10.14

喉元過ぎればなんとやら

阪神電鉄やTBSやらの問題が派生して、またプロ野球の合併やらなんやらと噂されているようで。まぁ現段階だと所詮はゴシップの域を出ないが、今プロ野球にとって必要なのは、こういうゴタゴタで世間を賑わさないようにして、イメージダウンを避けることだと思うんですがね。カネの亡者たちは、その辺への配慮がどうも足りない。

知名度のある選手を掻き集めることだけに終始して、ただ世間を賑わせることだけでしか維持できない、テレビ頼りの「人気」なんか別に落ちても構わない。重要なのは、「気付いた時には必ずそのままの姿でそこにある」安心感を民衆に与え続けることではないのか。それが「文化」ではないのか。今ある姿はすべて廃棄すべき古びたものにしか映らないのか。彼らには「温故知新」という言葉を謹呈したい。

さて、某球団のある人が、「チームはファンのもの」と言って怒っているらしい。ちゃんちゃらおかしい。プロ野球の球団であれ、会社であればそれは株主のもの。今更資本家が札束をちらつかせながら土足で入り込んできたところで、経営側の人間がうろたえてこんな言辞を吐く方がどうかしている。それもこれも、プロ野球を「文化」に育て上げることに失敗したということ。これまで散々「マネーゲーム」で選手を掻き集めて勝ってきた人が、まして球団経営を黒字にすることが第一義だと言っておきながら、その態度はない。

「ファンをなめている」と某球団のファンが憤慨しているそうですが、そうです、当然なめられています。だって資本“主義”社会だし。カネのある人の勝ち。資本家のための社会ですからねぇ。「アメリカ流」に憧れてそういう社会を選んだんだから仕方がないでしょう。「経済的平和ボケ」にどっぷりつかった我々には、ちょっとはいいクスリになったんじゃないでしょうか。

« 両毛ツアー(6) 金山城跡その2 | トップページ | 両毛ツアー(7) 金山城跡その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/6397049

この記事へのトラックバック一覧です: 喉元過ぎればなんとやら:

« 両毛ツアー(6) 金山城跡その2 | トップページ | 両毛ツアー(7) 金山城跡その3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック