記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 月二度目の京都 前編 | トップページ | N大学の話をしましょうか »

2005.11.02

月二度目の京都 後編

tojiin-takauji等持院の足利尊氏木像です。等持院に関するお話はまたの機会に。
さて翌日曜。古文書学会の会場に10時頃着。既に始まっていたので、途中から拝聴。質疑を入れて一人頭30分しか報告時間がないので、いずれの報告もやや駆け足気味。私はといえば、すべての報告を聞き続けると集中力が持たないので、適当に休憩を入れていたりしました。
困ったのが昼食。キャンパス内は日曜なので当然休みなのだが、大学の外に出ても周囲には飲食店が見あたらず。しょうがないので上賀茂神社までバスで出て、真っ先に目に入ったのがまたもや天下一品。さすがに少し飽きてきた。でも今回で唯一食べた京都らしいものだったような(笑)。

勉強になった報告が多かったが、一部「?」というようなものも。まぁその辺鷹揚な所がこの研究会の良さなのかなぁ。私は初めて行ったんですが、他の研究会とは違った独特の雰囲気を感じました。年齢層も高めだったし。ある方の報告でつい質問に立ったが、質問の仕方がまずかったなぁ…。報告者の方には申し訳ないことをしました。
最後まで居ると帰宅が遅くなるので、午後4時半頃に中座。京都駅に直行するも、着いたのは5時半過ぎ。ちと今回の会場は遠かったな…。京都の大学は京都駅から離れている所が多いんだけど(まぁ京都駅そのものが街の外れという所もあるが)、中でも京産大は一番遠い部類なので、遠方からの参加者には少し辛かったです。

さて帰りの新幹線は、「数字の大きい号数を選べ」の私の法則に従い、300番台ののぞみを選ぶと、狙い通りガラガラ(車両は300系だったが…)。日曜夕方であれだけ空いていたのは有り難い。お陰で東京までゆったりできました。しかし中央線が人身事故で遅れているというおまけがついていたけど(笑)。遠征帰りに遭遇すると疲れとイライラが倍増。

« 月二度目の京都 前編 | トップページ | N大学の話をしましょうか »

コメント

お恥ずかしいところをお見せ致しました。「?」どころか、「???」だったことかと思います。申し訳ありません。京産大はちょっと遠すぎますよね。アクセス不便だし。お昼にコンビニ行ったら何もありませんでしたよ・・・

御座候さんのご報告は勉強になりましたよ。文書の機能に注目して分析するというコンセプトに合っていたと思いますし。残る課題をクリアして是非とも完成させていただきたく思います。
あのコンビニ?ひどかったね。日曜だから仕方がないのかもしれないけど。

文書の様式の違いは機能の違いを反映しているという、佐藤進一先生以来?の古文書学の公式を、自分なりに一揆契状に適用して、日本古文書学会大会での報告に相応しい形に持っていくよう努力したつもりです。あんなの文書論ではない、お前は古文書学など分かってない、と言われてしまえば、抗弁しようもないですけど…… 本当は古文書学って苦手ですから(^_^;)。一揆契状を古文書学的に分析する、って形のネタはもう1つ手元にありますので、そのうちどこかで報告させていただくことになるかと思います。ぜひ、忌憚ない御意見をお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/6865139

この記事へのトラックバック一覧です: 月二度目の京都 後編:

« 月二度目の京都 前編 | トップページ | N大学の話をしましょうか »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazon

最近のトラックバック