記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 大学で日本史を学ぶために(4) | トップページ | 年の瀬週間 »

2005.12.09

検査も柱も節穴ってか

すっかり世間を賑わせている耐震偽装建築問題ですが、ついに私が泊まったことのあるホテルも出てきました。
そのホテルに私が泊まった時はまだ新築で、内装も調度品も綺麗だったし、サービスも随分良かったし、なにしろ安かった。でももちろんながら、耐震性が低そうだなんて露ほども思いませんでしたし、今思い返してみても、徴候などまったく思い当たらない。
今にして思えば、なるほど建築費が抑えられたから宿泊料も安めに設定できたのかもしれないなぁと。新しいホテルで格安な所は少し疑ってかからないといけないのですかねぇ? なんともはや。

先日のゼミ後の飲みでしばらくぶりに日本酒が飲みたくなって、「越乃景虎」をさんざんっぱら飲む。やはり景虎は美味いなぁ。とめどなく3~4人で1升以上。その代償は大きく(笑)、散財。飲みのピークは来週なのだが…。

« 大学で日本史を学ぶために(4) | トップページ | 年の瀬週間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/7519987

この記事へのトラックバック一覧です: 検査も柱も節穴ってか:

« 大学で日本史を学ぶために(4) | トップページ | 年の瀬週間 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック