記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 国会をネットで | トップページ | 春の先取り »

2006.01.30

行く一月を思いながら

なんとか報告準備は仕上がったが、またもプリンタを認識せず、プリントアウトできず。ったく。

相変わらずネタ不足のため、ふと思いついた小ネタをいくつか。
長谷川滋利・岩本勉両選手の引退につき。ともに90年代のパ・リーグを盛り上げた選手ですが、相次いでの引退は仕方がないとはいえ、寂しいものがあります。長谷川は一年でいいから最後に日本でやってほしかったなぁ。

かつて歴史ネタだけじゃなくて流行歌ネタがホームページにあったことはすっかり忘却の彼方ですが(笑)、何度か書いている通り、私自身すっかり流行歌(とりわけ最近の)への興味が薄くなってしまっている。小室哲哉・つんく等の個人的利益主義者が消えたと思ったら、最近はエイベックスなる、会社ぐるみで利益至上主義なレコード会社が幅を利かせていることに失望しているためでもある。レコード会社とて企業である以上、利益を追求することは当然ではある。しかし、利益“のみ”を追求する姿勢には共感できない。良かれ悪しかれ、流行歌は「文化」を創り出すものであることへの自負が足りないとしか言い様がない。
それにしても、去年の日本レコード大賞は悲惨の一言でした。ノミネート段階でことごとくそっぽを向かれた結果、事実上大賞は「該当曲なし」だった上、プレゼンターに「あの人」を起用してしまったことで、低空飛行な品格・権威がついに地面スレスレに…。
そんな中、久しぶりに「今の歌手」に対して興味を持つ。それが平原綾香。「今頃?」と言われそうですが(笑)。デビュー当初は「歌の上手い子だなぁ」程度にしか思っていなかったのですが…、私自身もなんでかよくわかりません。ま、個人的には、老け込まないためにはいいことだと思っております(笑)。

先週末は研究会。情報が膨大で、ついていくのが精一杯でした。ただ、今回の報告の性格からしても、その溢れんばかりに多くの情報の「料理」はこれからかなぁといった風情。実は、私の今回の報告は、勝手に「援助報告」気取りでおります(笑)。ごり押しでこの時期に予定を組んで貰ったのも、実はそういう思いがあったためでして…。そこまで言い放つほどの内容であるかどうかは心許ないですけど。

« 国会をネットで | トップページ | 春の先取り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/8410386

この記事へのトラックバック一覧です: 行く一月を思いながら:

« 国会をネットで | トップページ | 春の先取り »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック