記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 時代劇三昧の日 | トップページ | 「日本語テスト」 »

2006.01.12

風邪に襲われゼミ報告

いやはや、見事に体調を崩してしまいました。
兆候は月曜に出て、こりゃいかんと早めに就寝したものの明け方にきっちり目が覚めてしまい、結果的に睡眠不足に。やや寒気はあったけど、それでも少し落ち着いた感があったので、リポビタンDと風邪薬を買って飲み、夕方のゼミ報告に臨む。
報告後は飲み。結果的にはこれが良くなかったわけですが、実質的に新年会だったし、報告者が帰ってしまうのも気が引けるし、何より飲みたかったので(笑)。さすがに帰ってすぐ床に就いたのですが…、明け方まで高熱にうなされる。いやぁこれが辛かったです。明け方になるとだいぶ落ち着いたので、そのまま昼過ぎまで寝続ける。これでほぼ快復しましたが、この日の予定はすべてキャンセルする結果に。関係者のみなさまにはご迷惑をおかけしました。人間万事塞翁が馬というか、無病息災が何より大切だと改めて思い知らされます。とりわけ助けてくれる人のいない独り者にはかなりこたえます(笑)。

さて報告の方ですが、やはり体調が思わしくなかったこともあって、あんまり頭が回らなかったので説明が少々雑になってしまった。それでも貴重な意見をいくつかいただいたので、それをもとに練り直してみると、もやが懸かっていた箇所がいくぶんすっきりするかもしれないなぁ。もう一度報告する機会を得たので、それまでに少し修正してみたいと思います。

水藤真『落日の室町幕府-蜷川親俊日記を読む』(吉川弘文館、2006年)購入。実は内輪でこの『蜷川親俊日記』を読んでいるので、見事に時宜に叶う書ということで。少し読んでみたところ、辞書的な使い方としては有用だけど、純粋に読み物としてはどうなのかなぁ?という疑問も。辞書的用途としても、もう少しきっちり先行研究を引きつつ解説してもらえると有り難いのだが、という不満も持ちました。字句説明がほぼ『広辞苑』と『国史大辞典』の孫引きで終わっているのはちょっとどうかと思いますが。

« 時代劇三昧の日 | トップページ | 「日本語テスト」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/8127288

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪に襲われゼミ報告:

« 時代劇三昧の日 | トップページ | 「日本語テスト」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック