記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 寒天に近所を歩き回る | トップページ | 風邪に襲われゼミ報告 »

2006.01.09

時代劇三昧の日

ゼミ報告準備の目処が付いたので(決して出来が良いというわけではない)、昨日はまたもテレビ漬けの一日。
しかも珍しく時代劇ばかり見ていました。
今年は見ないと宣言していた大河ですが、第一回が「桶狭間」だというのと、今川義元を江守徹がやるというので、せっかくなので見ました。いやぁ義元良かったなぁ。でも出演シーンが少なすぎて残念(せめて討たれるシーンくらいやってほしかったですが)。あとはあんまり興味無かったですが(笑)、予想に反して妙に硬派な作りの模様。それにしても演者の平均年齢が高すぎ。既に方々で言われているようですが、特に舘ひろしの信長はミスキャストだと思う。違和感ありすぎです。そもそもこの人、時代劇は向いてないと思うんですが。どうせなら、せっかく名古屋出身なんだから、名古屋弁喋らせれば少し雰囲気が出るかも。桶狭間のシーン自体は最悪だったので(山内一豊なんか主人公にしたから仕方ないかもしれませんが)、…まぁ、多分第2回以降は見ないです(笑)。オープニングはかっこよかったから、それだけたまに見るかも。

その後テレ朝系の「風林火山」を見る。あきらかに来年大河へのあてつけでしょうね。原作はもう15年くらい前に読んだきりなのでよく覚えていないのですが、かなり原作に忠実な感じでした。そのため逆に、舞台設定自体が一昔前の風情。松岡昌宏の武田信玄が意外に出色。大河「義経」も滝沢より松岡を起用した方が良かったかもね。2時間半の枠であれだけできれば大したもんだと素直に思いました。勘助の最期のシーンはやや無理があったけど(笑)。そういえば板垣信方は「戸石崩れ」ではなく、その後の戸石攻めで討ち死にしたことになっていましたが、実際そうなんでしたっけ?

軍配は民放。大河ドラマは数年来勘違いしっぱなし。もうちょっと自覚してもらわないといけません。

あとはおまけですが、NHK「特撰アーカイブス」で「永平寺」と「そば」っていうのをやっていたので見る。凄まじくマニアックな番組でした(笑)。「永平寺」は、歴史を囓っている者にとっては純粋に勉強になりました。実際の修行シーンや、修行僧の一日のスケジュールなんかが解説されていたのが良かった。月2回やるという「禅問答」は、失礼ながら笑ってしまいましたが(笑)。「そば」は日本の蕎麦食の習俗を辿るというような内容。白黒がかえって新鮮でした。

« 寒天に近所を歩き回る | トップページ | 風邪に襲われゼミ報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/8070455

この記事へのトラックバック一覧です: 時代劇三昧の日:

« 寒天に近所を歩き回る | トップページ | 風邪に襲われゼミ報告 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon

最近のトラックバック