記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 「人間性バトン」 | トップページ | 減退気味なのか? »

2006.04.12

ネタ切れ

単調な毎日につき、ネタがありません(笑)。さしあたり書くことといえば、ゼミも始まり、いよいよ今年度も始動といったところか。

先日池袋のジュンク堂に行った折に、永原慶二『日本の歴史10-下剋上の時代』(中公文庫、中央公論新社、1974年、2005年改版)購入。改版に当たり、永原さんご自身で「解説」を書かれています。
中公の「日本の歴史」シリーズは、業界では名作揃いとして著名ですが、私は佐藤進一さんの書いた9巻しか持っていなかったので、改版はちょうど良い契機といったところか。といっても、ほかに買い足す予定はいまのところ無いのですが…。
以前書いた事があるような気もしますが、個人的には、シリーズ物では80年代に刊行された小学館の「大系日本の歴史」が割と気に入っていて、マスターの院試の時にお世話になりました。こちらは小学館ライブラリーに入っています。

« 「人間性バトン」 | トップページ | 減退気味なのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/9552867

この記事へのトラックバック一覧です: ネタ切れ:

« 「人間性バトン」 | トップページ | 減退気味なのか? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック