記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 僭越ながら… | トップページ | 継承という重責を感じつつ »

2006.05.19

『満済』やらなんやら

もう一ヶ月前の話を書きそびれていたんですが、別の大学のマスター達が中心となって『満済准后日記』を読む勉強会に初めて参加させていただきました。私はオブザーバーみたいな形で参加させてもらうことになりそうですが、報告者の圧倒的な調査量に驚く。私もマスターの頃、史料読みで必死に語句を調べたのを思い出しました。必ずしも専門とは違う時代・分野であっても、徹底的に調べてレジュメを作るという経験は無駄にはならないので、頑張って欲しいと思います(すんません、私にはもうそのような体力はなくて…(笑))。

さて、私のホームページで開設当初から『満済准后日記』の紹介をしていたわけですが、ご覧の通りすっかり止まっております。かくいう私自身、専門とする分野がずれていったせいでもあるんですが、それでも余暇として細々と続けていたものの、もうその意欲もほとんどゼロになってしまいました。わずかながらいらっしゃるであろう、続きを楽しみにしておられる方には誠に申し訳ない限りですが、まだしばらく再開することはないということでご了承ください。引き継ぎたいという奇特な方がいらっしゃればいいんですがねぇ(笑)。

私のホームページで、機能しているのはもはや文献目録と研究会へのリンク集ぐらいになってしまいました。もっともこれらが一番社会的貢献度が高いコンテンツだと思えるのが救いなわけでして。ちなみに「史跡めぐり」は、現在ではブログに移行しておりますが、コンテンツを全部ブログに移行させるのはまだ抵抗がありますので(著作権やらなんやらで)、当面再編はしないつもりでおります。

« 僭越ながら… | トップページ | 継承という重責を感じつつ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/10126906

この記事へのトラックバック一覧です: 『満済』やらなんやら:

« 僭越ながら… | トップページ | 継承という重責を感じつつ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック