記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006.06.29

我田引水的な今月の時事論評

相変わらず時事ではいろんなことがありますね。
最近で話題なのは高校生の火付け・女子大生の誘拐・大学生のリンチ殺人あたりでしょうか。

高校生の火付けの件ですが、その心理状態については云々しないとして、やっぱり医者は子供を医者にしたがるんだなぁ…なんて率直に思ったりしました。もちろん医師という職業は人の命を救うという点でやり甲斐や誇りを得られるものであるからかもしれません。でも、正直言って多分これが理由ではないでしょうねぇ。
世襲化がはびこっているのは政治家だけじゃなくて、医師も相当なものですね。もちろん親の背中を見て自発的に志す人たちもいるでしょうけど、結局は儲かるからそりゃ手放したくはない、というのが心情というもの。それをただ非難したところでしょうがない。

一般論としてですが、歴史的に、利権を伴う特定の職業はほぼ確実に「家職化」すると言ってよいでしょう。もちろん歴史的にみると、特殊な職業はその技術の継承相手が相当限られるという背景もありますが、「儲からない」職業が揺るぎなく継承されることは基本的には考えにくいことです(まぁ2,3代ならあり得るでしょうけど)。実のところ、日本では政治の場なんてのはその最たる物だったわけですが。
医師の場合、世襲化するもう一つの理由は、経済的に門戸が狭いこともありますね。医学部への進学そのものは万人に開かれていますが、奨学金制度があるとはいえ、特に私立大学において学費の負担は相当過酷なのはご存じの通り。医師という職業においては「格差社会」なんてのはとっくに訪れているわけで、それが「世襲化」と密接に関係しているというのは、社会問題を考える上でヒントになりそうな気がします。

しかしなんであんなに儲かるんですかねぇ? かの誘拐事件も美容整形の有名な医師だそうで、もちろん能力と努力に応じた成果であろうとは思いつつも、あれではやっぱりやっかみを誘うのも仕方がないような。
ああいう姿を見ると医療報酬を少しぐらい下げてもいいんじゃないの?と思いますけど、医師会の太鼓持ちたる与党にはどだい無理な要求ですね。

あと最後の件ですが…、数人の学生が事件を起こしたことで大学のホームページ自体が機能不全になってしまうとは…。
この大学、今回の事件一発で崩壊しちゃうかもしれませんねぇ。いやぁ、これからは大小問わずどの大学も他山の石とした方が良いでしょう。もっとも入試では人格を問えませんが。

2006.06.28

有閑日に一人苦悩す

ゼミ報告を終えて、今日は一日抜け殻状態。
とりあえず今解決すべき研究上の課題を頭の中で箇条書きにしてみるんだが…。うーむ、果たして解決できる課題なのかなぁ。実証という手法では限界がありそうなものばかりのような。ちょっとばかり理論チックに切り込んでも受け入れてもらえるかもなあ。でも「そんなの妄想だろ?」って言われるの嫌だしなあ。
…と、つらつらと思ったりしたまま、昼寝してしまいました(笑)。

まあとりあえず今の課題について、「今後の課題にします」というのは許してもらえそうにないのがわかっただけでも収穫ですかね。
なんか煮詰まってきたかなぁ。悠長にしているほど時間はないんだけど、2,3日ほど気分転換した方がいいのかも。

2006.06.26

東奔西走な一週間

二週連続でゼミ報告とか、帰省して学会出席とかで、非常にどたばたしております。そろそろ腰を落ち着けて博論に専念しないと、とは思うんですが、なかなか…。

帰省中は神戸市博に行くつもりだったんだけど、土曜はたまたま天気が良かったので、またも地元の史跡潰しに急遽変更。ということで、須磨寺とその周辺の史跡を歩いて回る。晴れただけあって暑い。しかもつい奥の院に行こうと思い立っててくてくと山を登って相当疲労。こりゃ運動不足のレベルを超えて、完全に体力が衰えております。せっかく登ったのに、達成感よりも現実に対する憂鬱な気分に…。その後小腹がすいたので南京町に寄り、古本屋を冷やかしてから地元の友人と三宮で飲み。写真は先だって書いたような理由でSDカードが読めなくなったので、環境が復活してからアップいたします。

日曜は大阪歴史学会の大会に行きました。前回は関大の時に行ったんですが、かなり久しぶり。何年ぶりかなぁと過去ログを見ると、2001年以来ということで5年ぶりですか。今年は関学。関学にはこれまで行ったことがなくて初めて行ったんですが、いかにもなミッション系。大学にありがちなかびくさい雰囲気(笑)はなくて、小綺麗な感じ。
報告内容に関しては、ここでつらつら書くのはやめます。見た感じ、関東から来た人はほとんど見かけなかったなぁ。若い方々がたくさん出席していらっしゃったようですが、ほとんど関西で活動されているんでしょうか。とすると、中世史研究はいよいよ盛況ですねぇ(喜ばしいことだ、と一応表明しておきます(笑))。名残惜しかったけど、もう一日滞在するわけにはいかなかったので、報告者に簡単な挨拶をして懇親会はパス。慌ただしく帰途につきました。

さて、今週も予定びっしりだ。

2006.06.19

目録のゆくえ

石川登志雄・宇野日出生・地主智彦編『上賀茂のもり・やしろ・まつり』(大山喬平監修、思文閣出版、2006年)が届きました。歴研大会で買おうとしたら、まだ出ていないってことで注文していた本です。中世の上賀茂神社を主題とした書籍は未だにほとんど無いので、貴重な一冊です(しかも比較的安いのがすばらしい)。私の専門とも一部かぶっていたりしますが…(笑)、まぁその辺は今後活字上でってことで。

めくってみると、『賀茂別雷神社文書目録』作成の経緯なども触れられていたりします。しかしこの目録、2003年に京都府が刊行したようだというところまではわかるんですが、それ以外の情報が一切載っていないので、少々気になる。国会図書館やwebcatの検索でもヒットしなかったんですが、どこへ行けば見られるんでしょうかねぇ?
京都府の教育委員会に直接聞くのが一番手っ取り早いんでしょうけど。まぁさしあたり今は必要な状況にないので、とりあえず留保いたします。もし何かご存じの方がいらっしゃれば、教えてくださると助かりますが…。

2006.06.16

泣きっ面に蜂?

ああ年金払うの嫌だなぁと思っていたら、「住民税払いやがれ」のお手紙が来て憂鬱になっていたら、今度は「奨学金返しやがれ」のお手紙。…。しばらくしたら、おそらく今度は「保険料払いやがれ」のお手紙が届くのでしょう。

なぜか銀行とか政府とかは借りたり預かったりした金を返さなくてもいいらしいですが(とある銀行は1兆円も儲けてるそうですがねぇ)、底辺層庶民の私はそういうわけにもいかず、致し方ありません(奨学金が「貸与」であることへの疑問とは別問題なわけで…)。

いつもながら、届くのは「カネ払え」の類の手紙ばっかなので、かなり気分が萎えます。「あなたに100万円差し上げます」なんて手紙くらいたまには来て欲しいもんです。いや、実際に来たところで胡散臭くて信じませんけど(笑)。

で、私は喫煙者なわけですが、来月から煙草代が1箱30円も上がります。いや、増税は「仕方ない」と思いますよ。ちゃんとした使い途に宛てられるのであれば(ここかなり疑問)。この10年で1箱100円近く上がったわけですが(消費税分も含む)、なぜか喫煙者への社会的差別は100倍くらいになった感覚がしますねえ(笑)。いやこれも「仕方ない」んですが。なお、「禁煙(断煙)すればええやんけ」という批判はまた別問題ということでお願いいたします。いや、いずれそうするつもりではいるんですが、ね…。

2006.06.12

少々追われた一週間

しばらく雑事等に追われております。
どうもその処理能力が追いついていないのか(笑)、プリンタに付いているカードリーダーに、アダプタに入れるのを忘れてminiSDカードをそのまま突っ込んでしまって取り出せなくなり、使用不能に追い込む。かなりへこむ。撮ってあった写真は横浜某球場のやつだからどうでもいいんですが、SDカードを読み取り不能にしたのが痛い。まぁ今やカードリーダーはそんなに高いものじゃないから、必要になったら買えばいいんでしょうけど…。

横浜某球場には金曜に行ったんですが、これまたかなりへこむ結果。二週続けてではかなり減退してしまう。もうこれは、自分の仕事に専念せよとの神のお告げなのかもしれません(笑)。

先週ほどではないけど、今週もやや多忙か。来週末は帰省するし…、なかなか腰を落ち着ける暇が得られません。こんな状況が来月も続いたらかなりやばいんだけどなぁ。

2006.06.06

踊り字表記法

この業界にいると、踊り字とは深い付き合いになります(笑)。代表的なのは「々」「ゝ」「ヽ」ってのですが、これ、それぞれ用途が違います。前から漢字・平仮名・片仮名用です。「ときどき」は、それぞれ「時々」「ときゝゝ」「トキヽヽ」となります(踊り字に濁点を付ける場合もありますが、中世では濁って読む場合も基本的に濁点は付きません)。私はただ慣習としてそういうもんだといつかどこかで聞知したので使い分けているに過ぎないんですが、この違いに拘っている方も少なくないそうです。

問題は、二字以上をまとめて繰り返す踊り字です。縦書きにすると「く」が伸びたような形をしているんですが、もちろんワープロには無いので、私はこれまで手書きにするか、「々々」といったように踊り字を続けて表記するようにしていました。
ところが! 「く」をワープロの機能を使ってほんとに縦二倍に伸ばすと、まさに踊り字の形をしているではないか。…いや、これって多分知っている人がたくさんいると思うんで、最近知ったのはかなり恥ずかしいんですが(笑)、少なくとも今まで誰もこの方法を私に教えてくれる人はいませんでした。こういうちょっとした「知恵」を共有する方法があればいいなぁ…とふと思った次第です。

2006.06.05

思いつき日記

「オマエさん、ちょっとあそこの株買い占めてやってよ」

将来的には、これも共謀罪でしょっぴかれることになるんですかね?(笑)(証券取引法違反は5年以下の懲役)
しかし意外と脇が甘かったっすね、かの方。老獪なオリックスなんかは直前に察知して(?)、かの方から資金を手際よく引き上げたそうですが。いやぁ偶然にしてはタイミングいいですね(笑)。

ちなみに今年の神宮は負けた試合だけ生観戦。散々でした。負け方がひどすぎ。
こちらの経営に関しては、オーナー氏の手際の悪さが際だっています(笑)。政官の扱いには手練れていても、大衆の心情を汲み上げるのはとことん苦手なようですね。もっとも、元々そんなつもりもないんでしょうけど、曲がりなりにも大衆相手に商売してるんだから、ちょっとは責任を感じて欲しいものです。

そんなことは置いといて、今月はやたらと関東で試合が組まれています。次の週末は横浜、その翌週は東京ドーム…。横浜はどれか一日くらいになるかなぁ。横浜遠いし。入場料ぼられるし。また金曜は雨みたいなんですが、去年よりは来るかなぁ(笑)。(参考:去年の記事

2006.06.03

今年の歴研購入本

025987030000ようやく歴研購入本の話。
今年は比較的多めに買ったんですが、なかでも『中世法制史料集』(岩波書店)の持っていない巻を入手し、やっと全巻揃えることができました。やや値が張りますけれども、基本史料集として持っておきたいシリーズです。あとは、新刊本をいくつかと(左側に並んでいる本を中心に)、買いそびれていた論文集を何冊か。…と軽く書くものの、合計金額はしめて…もごもご(笑)。『愛知県史・資料編中世2』(愛知県、2005年)も買いそびれていたまま逡巡していたところ、背中を押されて購入。しかし『山梨県史』の方はすっかり買うのを忘れてしまった。来年まで残ってるかなぁ。というか残っていても来年は買えるかどうか…。

なお、Cさんより『検定 お伊勢さん公式テキストブック』(伊勢商工会議所・伊勢文化舎[編集・発行]、2006年)受贈。伊勢神宮は基本的なことすら全然知らないので、勉強になります。ありがとうございました。

羅列しただけなのは、要するにまだちっとも読んでいないってことです(笑)。まぁ追々ってことで。

2006.06.02

1.25

学生身分を消失したので、先日久しぶりに年金を払いました。月13860円也。一ヶ月の食費分くらいあります。

ところで今の年金制度は、「2007年度に出生率が1.306で底を打ち、2100年には1.73になる」のを前提に作られていたはずです。数年前、いわゆる「厚生族」議員が得意気に話していたのを思い出します。
ここで言われている通り、確かに中長期的には努力次第で変化させることは可能と言えます…が、単なる「努力目標」を「推計」に化かしたのは、明らかに作為的ですね。当然ながら、国会で審議されていた頃から出生率の推計が甘すぎることは散々言われていたのに、与党は聞く耳を持たず押し通しました。
結果、去年は1.25ですよ。当ての外れた「推計」を基準に算定されているので、すなわちこのままでは確実に破綻することになります。はてさてどうするのか見物ですね。せめて、このいかがわしい「推計」を採用した官僚は獄門ものだと思いますがね。ここを見ると、何をかいわんや。

「自国の民族が滅亡するような低い出生率は、どの国も想定していない」

いい言葉ですね(笑)。返礼として、「公僕が国家百計を語るなかれ」という言葉を謹呈したいです。
そしてなぜか社会保険庁は、不祥事が出れば出るほど首の皮が繋がるのですね。不可説々々々。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック