記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 思いつき日記 | トップページ | 少々追われた一週間 »

2006.06.06

踊り字表記法

この業界にいると、踊り字とは深い付き合いになります(笑)。代表的なのは「々」「ゝ」「ヽ」ってのですが、これ、それぞれ用途が違います。前から漢字・平仮名・片仮名用です。「ときどき」は、それぞれ「時々」「ときゝゝ」「トキヽヽ」となります(踊り字に濁点を付ける場合もありますが、中世では濁って読む場合も基本的に濁点は付きません)。私はただ慣習としてそういうもんだといつかどこかで聞知したので使い分けているに過ぎないんですが、この違いに拘っている方も少なくないそうです。

問題は、二字以上をまとめて繰り返す踊り字です。縦書きにすると「く」が伸びたような形をしているんですが、もちろんワープロには無いので、私はこれまで手書きにするか、「々々」といったように踊り字を続けて表記するようにしていました。
ところが! 「く」をワープロの機能を使ってほんとに縦二倍に伸ばすと、まさに踊り字の形をしているではないか。…いや、これって多分知っている人がたくさんいると思うんで、最近知ったのはかなり恥ずかしいんですが(笑)、少なくとも今まで誰もこの方法を私に教えてくれる人はいませんでした。こういうちょっとした「知恵」を共有する方法があればいいなぁ…とふと思った次第です。

« 思いつき日記 | トップページ | 少々追われた一週間 »

コメント

実践的なテクニックですね。
変体仮名をワードで打つ人がいらっしゃるのですが、
あれはどうやっているのでしょうね?

変体仮名はおそらくソフトを使っているんじゃないでしょうか。
有名所では「今昔文字鏡」http://www.mojikyo.com/
がありますね。でも確か、合字まではさすがにサポートしてなかったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/10397024

この記事へのトラックバック一覧です: 踊り字表記法:

« 思いつき日記 | トップページ | 少々追われた一週間 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック