記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 初めての常陸(4) 行方あたり | トップページ | 北加賀をあるく »

2006.09.03

小休止に目で学ぶ

この一週間は意外にも?飲みが続いたことや、今週・来週と立て続けにある合宿の巡見に向けた事前準備なんかもやったりしたので、自分の仕事は放置。草稿が書けたとはいえ、ちょっとのんびりしすぎたかなぁ。博論以外にも書き直したい原稿とかもあるんだけど、なかなかリハビリがはかどりません(笑)。
合宿が終わるまでこんな調子になっちゃうかもしれませんねぇ。でも終わるともう提出準備も現実的に考えないといけない時期に入ってくるし、手を入れている時間なんてないかも…。うちは口頭試問の後に書き直すようなシステムになっているらしいので(ほかではあんまり聞かないシステム)、「とりあえず出しちゃえ」的な意識に既に支配されてはいますが。

先日、埼玉県立歴史と民俗の博物館に初めて行ってきました。いわゆる埼玉県における「県博」です(ってか、旧称が埼玉県立博物館)。貨幣に関する特別展を8月いっぱいまでやっていたためなんですが、その特別展よりも、常設展の方が初めてだったので面白かったです。多分昔からあんまり展示が変わってなさそうで、展示物はレプリカが大半だったけど(まぁこれはどこの博物館も主流ですが)、初めて見た者としては、充実していたと思います。ただしリピーターを期待した時、その辺どうなのかなぁ? もちろん通史的な展示なんて、そうコロコロ変わるようなもんでもないですがねぇ。

この博物館で面白いのは、板碑の展示に力を入れている所でした。板碑のコーナーを造って、実物大に復元した板碑をずらりと並べる様子は、なかなか壮観です。板碑ファン(そんなのいるのか?)は必見でしょう。
ほんとはついでに近所にある、武蔵国一宮のひとつでもある氷川神社にも行きたかったんですが、時間がなくなったのでパス(まぁ中世の面影なさそうだし…いいか)。そういや、もう一つの一宮の小野神社にもまだ行ってないなあ。なかなか機会が…。

乗り換えではなく、実際に大宮で降りたのは何年ぶりかわかりませんが、次に降りるのも何年後になるやら(笑)。

« 初めての常陸(4) 行方あたり | トップページ | 北加賀をあるく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/11736815

この記事へのトラックバック一覧です: 小休止に目で学ぶ:

« 初めての常陸(4) 行方あたり | トップページ | 北加賀をあるく »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック