記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 急用につき | トップページ | 古本まつり戦利品 »

2006.10.31

今年の日本史研顛末

大会前日の金曜に、東京から直行で和歌山へ。和歌山県博で開催されている熊野那智大社の企画展を見に行きました。和歌山はいつ以来かわからないくらい久しぶり(少なくとも大学進学以後は初)。展示内容は圧巻。平日午後だったこともあってか、来客も少なくてじっくり見ることができました。那智は行ったことがないので、是非行ってみたくなりました。
私のホームページにもリンクをはってくださっている学芸員のTさんにご挨拶を…とも思ったんですが、生来のヘタレな顔見知り体質によって、怖じ気づいてすごすごと退散。実は、館内でお見かけはしたのですが…。

土曜は昼過ぎに京都入りして日本史研大会へ。中世はHさんのご報告。対外関係史からはすっかり遁走気味なので、かえって新鮮な感覚でした。その後は本を買い込み、東京からお見えの先輩方と一杯引っかけた後、懇親会へ。去年とは打って変わって広々とした会場でした。実にゆったりとまったりと。さまざまな先輩方や、さっさと私を追い越し気味の新鋭と与太話やら、まじめな話やら。Hさんの「対外関係から足を洗ったんですか?」とのストレートなご質問に恐縮しきり…。その時にもお答えしたんですが、ほんとは今でも対外関係に関わりたい、という思いは持ち続けております。
ともかくも、こんな私でも居場所があることを感じることができて、幸せに思います。

日曜は出発が遅くなってしまい、午前中の報告には間に合わないと判断して京都府立総合資料館へ。東寺百合文書の展示をじっくり見た後、確認したいことがあって調べものをしたんですが、収穫はまあまあ。
その後会場へ行って討論を拝聴。報告そのものを聞いていないのであれこれ言うのは憚られますが、個人的には最後の方で発言されたOさんのご意見に一々納得しました。やっぱり、ある歴史像の解明には、対象とする時代の持つ歴史的背景に規定されるものを確実に捕捉する必要があるなあ…と改めて自覚した次第です。

その後、京都駅で一杯飲んで帰京。充実していたということかもしれませんが、今年はやや慌ただしい感じでした。来年は行けるかなぁ…。

« 急用につき | トップページ | 古本まつり戦利品 »

コメント

かわとさん、いつも楽しく拝見させていただいてます。那智山の展覧会にご来館いただいたそうで、ありがとうございます。入館者数がなかなか伸びない中で、最近は研究者の方のご来館が多く、救われた気がしています(笑)。古文書をこれだけ多く展示できたのも那智大社だからこそですが、ぼくが勤めている限り、毎年何らかの形で中世文書を展示するつもりですので、どうかこれからもしばしば足をお運び頂ければ、と思います。

>櫟庵さん
書き込みありがとうございます。ご挨拶もせずに帰ってしまいすみませんでした。

入館者数はあまり芳しくないのですか…。専門性にウエイトを置くとやはりうけが良くないのでしょうかねぇ。最近、物足りなさを感じることが多いなか、あれだけの展示の充実ぶりは近年まれに見ると思うんですが。なかなかうまくいかないものですね。

これからも様々な企画をされておられるご様子で、楽しみです。今度お訪ねする時は、紀州の史跡をじっくりまわってみたいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/12497074

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の日本史研顛末:

« 急用につき | トップページ | 古本まつり戦利品 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック