記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« キワモノ化する際物 | トップページ | もう一つの社会変動期と「地域」 »

2006.11.30

神、仏、祈り、とかに触れた日

Oji4今どたばたしていますが、忘れないうちに。
今週末で特別展の会期が終わってしまうってことで、飛鳥山博物館と東博へあわてて行ってきました。
まずは王子にある飛鳥山博物館の「遠くと近くの熊野 中世熊野と北区展」へ。こぢんまりとしていましたが、中世文書(旦那売券など)も展示されていたり、豊島氏の系図もあったりで、結構充実していたと思います。和歌山県博で見たのと同じような曼荼羅もあったりして、熊野社についてお手軽に学べます。
博物館による案内にも書いてありましたが、豊島氏が紀伊国守護になったことは今まで知らなかったので、なるほどねぇ、と思ったり。

その豊島氏が勧請した神社の一つが、写真の王子神社だそうです。北区役所の目の前にありました。戦国期には「王子社」とか「若一王子権現」などと言われているようで、後北条氏から制札を受けたり、神社を差配する別当坊が古河公方とも交流を持っている神社だったとか。
以上の史料が、『北区史』古代中世資料編1・2(東京都北区、1994・95年)に入っています。私も折角なので購入。

その後東博の「仏像」展も無事観覧しました。古代の仏像が勢揃いといった風情。厳格に時代区分を重視するというより、仏像の制作手法に注目した分類は、いち「歴史屋」にとってはかえって新鮮でした。

ただちょっと不満もあったり。音声ガイドにはあったのかもしれませんが、その仏像がどのような趣意をもって制作されたのか、とか、誰がどのようにして今に伝えたかというのが知りたいわけです。しかし、仏像や所蔵寺院の歴史などについては、ほとんど説明がカットされていたのは、いち「歴史屋」としてはやっぱり物足りないところです(まぁ無い物ねだりでしょうけど)。
東博は全体的にあまりくどくど説明をしないコンセプトのように感じるのですが、個人的な願望としては、もうちょっと説明が欲しいです。東博に行くといつもその物足りなさ感が残ってしまうもんで。

もう一つは、まぁこれこそ駄々ですが、中世の仏像がほとんど無かったのはちょっと気になるところ。歴史的には、仏教が最も興隆したのが中世であったのは疑いのないところで、仏像の美術的達成段階とは一致しないとしても、平安期からいきなり江戸時代に飛んだのはちょっと解せないところでした。まぁ、私は円空や木喰についてよく知らないだけに、そこらへんの思い入れがあんまり無いから感じたのかもしれませんが。

« キワモノ化する際物 | トップページ | もう一つの社会変動期と「地域」 »

コメント

豊島氏に関しては10年くらい前の豊島氏シンポで研究が深まったようですね。
紀伊の豊島氏との関係について考える場合、
近年重視されている「海の領主」としての側面、
そして熊野信仰の面から考えていくことが重要でしょうね。

海と熊野信仰との関係は、確か網野善彦さんが強調されたように、瀬戸内ではだいぶ理解が深まっていますが、関東はまだまだの感がありますね。

熊野とは直接関わりませんが、水軍として知られる里見氏の史料をめくってみたりすると、高野山に随分寄進してるようです。これは同じく水軍を抱える河野氏にも見られる事例で、なんらかの共通性を見出せそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/12880537

この記事へのトラックバック一覧です: 神、仏、祈り、とかに触れた日:

« キワモノ化する際物 | トップページ | もう一つの社会変動期と「地域」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック