記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 古本まつり戦利品 | トップページ | 古本まつり@所沢 »

2006.11.03

概念図

時々本やレジュメなどに載っていたりする概念図。ヤフーの辞書を引いてみると、「物事を説明する際に、話のあらましや事物の関係がわかるように描いた簡便な図」とのことです。
つまり言葉で説明するとイメージが描きにくいような込み入った話の時に、○や□や―なんかを駆使してわかりやすく図式化したもの…というわけですね。例えば、数学で「集合」の時によく使ってたあれです(憶えてない人の方が多い?)。

いや、何が言いたいかというと…。私も報告レジュメを作っていて、試しに概念図なんか作ってみよう。なんかかっこいいし。と思ってワードと格闘してたら、目が疲れちゃいました(笑)。慣れてないからなんでしょうかねぇ。どうもパソコンで図を描くのがいつまで経っても苦手でして。この辺も、絵を描く才能が影響したりするんでしょうか(ちなみに私はまったく絵がダメ)。

一応出来たことは出来たんですが…。あんまりかっこよくないなぁ。かえって「概念化がヘタクソです」って宣言してるようなものかも(笑)。というわけで、結局は羊頭狗肉を強くアピールする素材にしかならなかったってことで…。時々かっこよくてわかりやすい概念図をパソコンで描いてこられる方がいらっしゃいますけど、なんかコツがあるんでしょうか? それともやっぱり持って生まれた才能の為せる技なんでしょうか…。

« 古本まつり戦利品 | トップページ | 古本まつり@所沢 »

コメント

かわとさん、お久しぶりです。
仕事柄概念図をよく書きます。
まぁIT屋の概念図なんで、かわとさんの書かれているものとは随分違うのかも知れませんが。

僕の場合、以下のようにやっています。
1.紙に鉛筆でレイアウトだけ作成します。
2.必要でない要素も含めて適当にレイアウトに埋め込みます。
3.余分な要素を削った下書きをもう一枚作成。
4.下書き書きを元にワードなりパワーポイントなりで記述。
 格好悪いと思ったらその時点で要素や記号などを動かしていい感じにする。

内容よりも先にレイアウトを作成することがミソです。
内容は頭の中にあるはずなので。

絵を描く能力は若干必要かも知れません。

ただ何回かやってるとそれまでの蓄積で類型パターンのアレンジが効くようになるので、段々効率が上がっていきます。

結局のところ、絵の能力云々より地道な努力ってことになります(^_^;)

>TANCHIさん
おお、お久しぶりです。ここをご覧になっているとは思いませんでした(笑)。

なるほど、やはりちゃんと下書きしてレイアウトを練るのが必要みたいですね。下書きをせずにワードであれやこれや試行錯誤したので、疲れてしまいました。
ほかの人の指摘を受けたりして修正を加えていくと、少しは洗練されてくるかもしれません。

私(我々)の書く概念図は、例えば学校の授業で何かを説明する時に黒板で簡単に図示するような感覚でしょうか。おそらくTANCHIさんがされているような、実務で作成するものに比べると、厳密さはあまりありませんが、ビジュアル化することの効果を狙って使ったりします。
だからといっていい加減だと容赦なく突っ込まれたりしますが…(笑)。

かわとさん

私の書く概念図とかわとさん達が書かれる概念図の違い、よくわかりました。
歴史は時代小説を読むぐらいなので、今まで見たことがないのですが。

余談になりますが、企業や学校などには「~~専用端末」というのがあり、そっち系のシステムをつくることが多いのですが、入力画面や帳票の設計をする場合も、まず紙に落書きに近い下書きをしてから設計書に打ち込みます。IT屋って意外と原始的なんです(笑)

使う技術は変わっても、扱う人間は変わらないってことでしょうかね(笑)。

なんであれ、地道な作業は大事だということですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/12543297

この記事へのトラックバック一覧です: 概念図:

« 古本まつり戦利品 | トップページ | 古本まつり@所沢 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック