記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 万人均しく忙しい年末 | トップページ | 正月関係なし »

2006.12.29

15世紀的状況?

社会の安定によるバブル絶頂→政治不安と世情不安で景気縮小→既得権者の財政悪化→構造改革→格差拡大(今ここ)→貧困層の暴動→政権上層へ拡大→内乱→地方の独立政権化

あくまでこじつけですが、今と似てる気がしてきました(笑)。

15世紀の日本は、足利義満の政治的卓越性と積極的な対外交易の推進で、まさにバブル絶頂と言って良い形で迎えました。しかし義満の死によって足利義持が政権を握ると、その個人的偏執性もあってか中国(明)と断交、関東とも険悪化。おおむねバブルの余韻に浸る治世でしたが、関東の内紛にも足を引っ張られて、徐々に退勢化。
そんな中、社会基盤であった荘園制が制度疲労で衰退期に入り、領主層の財政悪化。そこで取った切り札が「代官請負」。守護(およびその被官)のみならず、果ては商人にまで年貢徴収を請け負わせるようになる。まさに「民間にできることは民間に」(笑)。
基本的に当時の為政者は経済政策に無関心で、実質的には民間が好き放題にやっていた結果、15世紀半ば頃になると、有徳人と呼ばれた富裕層が増加する一方、貧困層の増加が徒党化を招き、頻繁に暴徒化してゆく。これは実質的には地域の小領主層(中間管理職?)が煽動しており、中央の派閥対立に乗じて上層を巻き込んで、結果的に内乱(応仁の乱)を招きました。その後は、中央政権の国家的統制力はほとんど喪失してしまい、各地で排他的な権力が乱立し、100年にわたって紛争を繰り返すことになります。

当時の歴史はもちろんこんなに単純なものではありませんが、おおまかな流れとしては、こんな感じかなぁ、と。現代の政治的状況にあえて似せてエピソードを選んだ向きもありますが(そういう意味で「こじつけ」)、安定的な経済状況からやや退勢的な状況になると、極端な保守層と極端な革新層(というか、革命主義)の二極分化になりがちなことは、わりと超時代的に見られることかもしれないなぁ…という気がします。となると、15世紀後半は、そのような状況が結果的に内乱を招来した格好に見えなくもない…。

もっとも、当時においては武力を使ってでも「自分の財産は自分で守る」(自力救済)のが当たり前で、人々の国家権力への依存度は相対的に低かった点で今とは違うわけですが、今の年金問題を見ると、着実に国家に対する不信感が拡大しているわけでして、そこからすると、「500年以上も昔の話をされても」と一笑に付すわけにもいかないかも。
もちろん現代人は国家によって手厚い保護が加えられている一方、当時の人々とは違って、自力救済の手段がほとんど与えられていないとも言えるわけで、さすがにただちに暴徒化するとは思えませんが。ま、さしずめ今は「刀」ではなくて「投票用紙」ですかねえ。一つ言える事は、庶民を敵に回した政権は、長生きできないってことでしょうか。

気が向かない限り(笑)、年内の書き込みはこれでおしまいです。みなさん良いお年を。

« 万人均しく忙しい年末 | トップページ | 正月関係なし »

コメント

 こういっちゃなんですか、やはり視点が健全ですねえ。さすが学究の徒。
 私なら、経済力を暴力に転換できない現代人は経済力そのものを武器にすでに暴徒化している、と見ますね。武力による自力救済も支配層からすれば本来ならルール違反ですから、昨今取り沙汰される自身の財産を守るためにルール違反に及ぶ人々、財産を増やすために違法を省みない人々は、すべからく経済暴徒といえるんじゃないでしょうか。

僕は小泉内閣発足当時、その本質を天皇親政による「改革」を訴える「建武政権」と見ていたのですが、豈に図らんや、建武新政と異なり長期政権になってしまいました……(笑)

むしろ懐古色とイデオロギー色の強い安倍内閣こそが「建武政権」なのかもしれません。

>かわいさん
なるほど…。そういう視点には思い至りませんでした。
私はやはり、経済力を持たない者がどのような形で自己主張するか、という視点になりがちな感はありますね。その場合、武力という「暴力」が選択される可能性は、限りなく小さいものの、未だゼロではないように思います。

>御座候さん
懐古色はおおむねどの時代にも時々顕在化しますが、中世の場合、徳政に特徴的な「元に戻す」という観念がかなり強かったことが、その一種になるんでしょうかねえ。
温故知新とも言いますが、後ろを振り返ってばかりではなく、バランス良く「新しさ」を大事にすることも必要だと思うんですけどね。
建武政権はいろんな矛盾を抱えていたため短命でしたが、その矛盾は、「古き良き」ものと「新しい」ものとのバランス感覚の欠如にあったとも言えるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/13250061

この記事へのトラックバック一覧です: 15世紀的状況?:

» 世はまさに“中世” [明鵞軒日録]
 この指摘は既に知合いのBLOGが指摘されており、海津一朗氏による「「元寇」、倭寇、日本国王」と題された論文(歴史学研究会・日本史研究会編『日本史講座 第四巻 中世社会の構造』、2004年、東京大学出版会)でも指摘されています。なので、今から私が言うことは何も目新しいことではないと思います。  でも、日本史を勉強している身にとって、つくづく思うのです。私たちが生きているこの時代が、現在放映中の大河ドラマ(『風林火山』)�... [続きを読む]

« 万人均しく忙しい年末 | トップページ | 正月関係なし »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック