記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 正月関係なし | トップページ | 浅草へ初詣 »

2007.01.05

10年過ぎて

ふと思い返してみると、私がインターネットの世界に接してから10年が経ちました。
当時はまだコンテンツも少なく、電子メールも浸透していなかったので、実益の側面はほとんど見出しがたい状態でした。
その後5年の間に凄いスピードで進化し、皆さんご存じの現状に至るわけですが、ネットのみを介した交友関係の広がりを見る限り、私自身はこの10年でかなり退化してしまいました。

10年前というのは、ちょうどニフティでのパソコン通信が全盛期を迎えた頃でした。「オフ」と呼ばれた、実際に会って交流するイベントが毎週のようにどこかで行われ、全国各地から大勢集まったものです。最近になってミクシィの流行がその「文化」を継承する受け皿として機能しつつありますが、この10年でのインターネットの拡大は、おおむねパソコン通信による濃密な交流の場を奪ってゆく過程にあったと言えるようにも思います。

技術は進歩しても、使うのは同じ人間。「人間的な」ものは10年でそれほど進化するものではありません。この10年間は、インターネットの進歩に対して、「人間的な」関与という在り方での対応が後手に回ってきたように感じます。ここ数年はさすがに技術面での進歩のスピードが鈍化してきたように思いますので、そろそろじっくりと「人間的な」交流を模索する段階に差し掛かったのかもしれません。その一つの現れが、ミクシィの流行にあるのかなぁ、という気がします。
パソコン通信においても、そのピークは始まってから10年もかかってからでした。社会のスピードを勘案しても、インターネットのピークはまさに現段階にあるかもしれません。パソコン通信のように衰微してゆくのか(もっともこちらの場合、ホストであるニフティの姿勢にかなり問題がありましたが)、長く社会文化として定着してゆくのかは、使う我々人間が決めることである以上、インターネットを介してどのような「人間的な」交流の在り方を見出すかによるように思います。

パソコン通信時代、一つの格言がありました。言い方はそれぞれですが、
「ネットは空想社会ではなく、現実社会の一部である」
というようなものです。ネットと現実社会とは決してパラレルではないことを戒めるために、よく言われました。今こそ大事にしたい精神であるように思います。

« 正月関係なし | トップページ | 浅草へ初詣 »

コメント

オフ会、懐かしいですね。インターネットがなければ、かわとさんをはじめとする方々にお会いしてなかったでしょうね。

かわとさんには迷惑のかけっぱなしでごめんなさい。また、どこかで飲めるといいですね

そうですね。だいぶ時が過ぎましたけど、ネットを介して築いた交友関係は今も大切なものになっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/13343774

この記事へのトラックバック一覧です: 10年過ぎて:

« 正月関係なし | トップページ | 浅草へ初詣 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック