記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 「歴史家」求ム | トップページ | バーゲンブック »

2007.02.28

関東武士の故地へ

Sugaya先日、埼玉県嵐山町にある埼玉県立嵐山史跡の博物館に行ってきました。元々は資料館だった所ですが、今は博物館となっています。
この博物館、畠山重忠の居館跡とされる菅谷館跡に建っています。写真はその館跡にある畠山重忠像(考証怪しめ…)。遺構自体はとても鎌倉初期のものとは思えず、たぶん戦国期に後北条氏が整備したのでしょう。

写真を撮ってきたので、後日改めて紹介したいと思います。ちなみに、カメラをついに新調しました。今回がそのデビュー戦。やっぱり携帯とは比べものにならないですね。しょぼい腕前でもそれなりに見られる写真を写すことができます。

埼玉県の北西部(武蔵国比企郡・児玉郡・秩父郡辺り)は、知る人ぞ知る中世武士の一大拠点です。今回はそこへ行ってきたわけですが、中世武士ゆかりの寺院が今もかなり残っているようです。残念ながら車が無いと行けない所も多いので、また機会があれば今度は車で総ざらえしてみたいところです。
それを受けて、展示もこれらの寺院ゆかりの遺物や、経筒などが展示されていました。文書は残念ながら見るべきものはないですが、鎌倉期の武士の暮らしと信仰を知る上で勉強になります。
ただ、紹介されていた寺院の説明がほとんど無かったのは残念。せめて現在の所在地ぐらいは注記してほしかったです。

ちなみにこの展示、うさたろうさんのブログで知りました(笑)。

« 「歴史家」求ム | トップページ | バーゲンブック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/14078019

この記事へのトラックバック一覧です: 関東武士の故地へ:

« 「歴史家」求ム | トップページ | バーゲンブック »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック