記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 「風林火山」…えーと何回目だっけ? | トップページ | 「歴史家」求ム »

2007.02.19

独裁者リスト

おそらくあまり日本人には馴染みのない(お恥ずかしいことに私も知らなかったのですが…)、この前亡くなったトルクメニスタンのニヤゾフ大統領、びっくりするぐらいの独裁者ぶりだったようですねえ。我々には近隣の国の人についてはよく情報が入ってくるわけですが、少し離れると極端に情報をほとんど耳にしなくなってしまうので、同時代に生きながら、意識しないと知らないままで終わってしまうものがいかに多いかを感じます。

"Parade"っていう雑誌があるそうですが、そこで毎年「独裁者リスト」ってのを作ってるそうです。
今年のリストはこちら

1) Omar al-Bashir, Sudan
2) Kim Jong-il, North Korea
3) Sayyid Ali KhamEnei, Iran
4) Hu Jintao, China
5) King Abdullah, Saudi Arabia
6) Than Shwe, Burma (Myanmar)
7) Robert Mugabe, Zimbabwe
8) Islam Karimov, Uzbekistan
9) Muammar al-Qaddafi, Libya
10) Bashar al-Assad, Syria
11) Teodoro Obiang Nguema, Equatorial Guinea
12) King Mswati III, Swaziland
13) Isayas Afewerki, Eritrea
14) Aleksandr Lukashenko, Belarus
15) Pervez Musharraf, Pakistan
16) Choummaly Sayasone, Laos
17) Meles Zenawi, Ethiopia
18) Hosni Mubarak, Egypt
19) Paul Biya, Cameroon
20) Vladimir Putin, Russia

皆さんどれぐらいご存じでしょう? かつては、ニヤゾフ氏も当然ながら常連だったみたいです。
キューバのカストロ議長はもう入ってないんですね。
ただ、このランキング、アメリカの雑誌によるものであるということを意識する必要がありますが。それにしても中国の嫌われっぷりは相変わらずですね…(笑)。

« 「風林火山」…えーと何回目だっけ? | トップページ | 「歴史家」求ム »

コメント

>中国の嫌われっぷり

経済成長している割に、環境問題・人権問題などで世界に対する責任を果たしていないからでしょうね。

特に国連安保理常任理事国(五大国)としての顔と、発展途上国としての顔を使い分けるダブル・スタンダードが不快感を誘うのでしょう。

>御座候さん
リストの性格もあって、やはり人権問題がかなり問題視されているようですね。
民族問題、政治犯の弾圧、宗教弾圧、妊娠中絶の強制、強制労働、言論統制などなど…。それと並んで汚職の横行も入っているのが、アメリカらしい感覚なんでしょうかね。
まぁ、たくさん問題をかかえてますなあ。

こんばんは。

日本では大々的にマスコミに取り上げられるプーチン大統領ですけど、ランキングを見る限りでは案外下のランクなんですねぇ。それに比してビルマ(ミャンマー)の支配者や胡錦涛氏の方が上というのは…ちょっと意外でした。

本文を見る限り、編集者サイドの主観ではなく、サイトや雑誌を見ている人サイドの判断みたいなので、「“逆”人気投票」ではないかと思われます。

ただ、この手の問題学芸員や司書の採用試験で結構出題されてるので、覚えておくと意外と役立つかもしれませんよ(笑)。

>日本では大々的にマスコミに取り上げられるプーチン大統領ですけど、ランキングを見る限りでは案外下のランクなんですね


まあ、一応、あそこは民主的な選挙をやってますからな。露骨に選挙干渉、野党・政敵潰しをやってますけど。
それと大統領が終身制ではなく、任期があるのも大きいのでしょう。実質的にはプーチン後も「院政」が敷かれると言われていますが、任期がないよりはマシかと。

うーん、知っておいて「役立つ」かどうかより、それを知ることそのものの大切さを私は訴えたいところですが…。
一人一人が知ったところで何も変わらないかもしれませんが、変わる一縷の望みとして、知ることが必要じゃないか、とまあそう思うわけでして。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/13973920

この記事へのトラックバック一覧です: 独裁者リスト:

» 中国と日本、集団意識と個性 [中国からみた中国と日本の違い]
 中国人と日本人は儒教文化の影響で集団意識が大変強く、従来から、個人の存在は集団の中の一人であり、個人の運命と集団の運命は密接につながっていると考えている。「大河に水が溢れていれば、小河の水は満ちている。大河に水がなければ小河は涸れている。」、「鍋の中に...... [続きを読む]

« 「風林火山」…えーと何回目だっけ? | トップページ | 「歴史家」求ム »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック