記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 関東武士の故地へ | トップページ | 菅谷館跡 »

2007.03.01

バーゲンブック

先日、「読書通信社」という所からDMが来ました(こちらによると、八木書店と関係のある会社だそうで)。「バーゲンブック」と呼ばれる書籍の通信販売のものでした。私のところへは初めて来たんですが、ネットで検索をかけてみたりすると、随分以前からあるようですね。

バーゲンブックってのはいわゆる「ゾッキ本」ってことで、過剰在庫によって値引きされた書籍のことですが、たいていは版元の倒産などによって流れた在庫書籍で占められるようです。
ぱらぱらとめくっていると、中世の書籍はやはり既にたたんでしまった版元がかつて出版した書籍ばかりでした。

そういう経緯の本なので少々複雑ではありますが、それにしても安いのはやっぱり有り難い。それに、今や通常のルートでは新本の入手がほぼ不可能なわけなので、こういう機会を得られたのは喜ばしく思います。
で、結局買ったのは次の三冊。

『室町幕府引付史料集成』下(桑山浩然校訂、近藤出版社、1986年)
川添昭二『対外関係の史的展開』(文献出版、1996年)
藤田恒春『豊臣秀次の研究』(文献出版、2003年)

ほかにも欲しい本はあったんですが、予算の都合で断念しました。送料込みで合計1万円ちょっと。定価を考えたら破格です。特に『引付史料集成』が手に入ったのは喜ばしい。残念ながら上巻は既に在庫が無いようで、リストにはありませんでした。うちのおバカな図書館には上巻だけ入ってるようなので、まあいいか…(片方しか入ってないなんて、いったいどうなってんだ。まったく)。
これからも時々来てくれると嬉しいのですが、その時になると果たして買えるかどうか…。

引付史料集成の下巻はアマゾンにもリストがないので、とりあえず上巻を。

« 関東武士の故地へ | トップページ | 菅谷館跡 »

コメント

おー。「豊臣秀次の研究」はおいくらだったんですか?

>橋場さん
5670円でした。
アマゾンを見てみると、結構出回っているみたいですね。送料を考えると、それよりやや安めな価格といったところでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/14080769

この記事へのトラックバック一覧です: バーゲンブック:

« 関東武士の故地へ | トップページ | 菅谷館跡 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Amazon

最近のトラックバック