記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 荻原重秀の初の伝記? | トップページ | 昭和の日 »

2007.04.24

そこのけそこのけ「改革」が通る

政府の教育再生会議は23日午前、第3分科会(教育再生)を首相官邸で開き、大学・大学院改革について、国立大学の大学院生に占める同大学の学部出身者(内部進学者)を最大3割程度に抑えることなどを柱とする素案を大筋で了承した。
―http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070423it02.htmより引用


これって憲法違反じゃないの?
しかしまぁこの手の発想は相変わらずやね。で、今までの「改革」で少しは「活性化」したんですかね?

« 荻原重秀の初の伝記? | トップページ | 昭和の日 »

コメント

相変わらずはた迷惑なことですね。再生会議のこの部会に使われてる予算を科研費に回した方がよっぽど活性化されるでしょうね。

いやはやまったく。どうもこの発想に至ったのは、理工系の大多数が出身大学の大学院に進学しているから、というデータがあるからだそうで。

一知半解も甚だしいというか、なんでそうなのかを分析したことあるんでしょうかねぇ。しかも、それ以外の専攻の進学状況とかも把握してるんでしょうかねぇ。
まったく、大枚はたいてなにやってんだかって感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/14827778

この記事へのトラックバック一覧です: そこのけそこのけ「改革」が通る:

« 荻原重秀の初の伝記? | トップページ | 昭和の日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazon

最近のトラックバック