記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 菅浦 | トップページ | 中世後期のありがたい一冊 »

2007.10.24

非日常的日常

今月からいよいよ授業が始まっているわけですが、その準備に追われて、なかなか自分の仕事に手が回りませんね。…まあある程度覚悟はしていたのですが。
私程度のコマ数でひいこら言ってるのは、まだまだ甘いですね…。とはいえ何事も初めてのことなので、準備についても、時間的な余裕が無いというよりは、精神的な余裕に欠けてしまっています。

もう年内はこんな感じだろうと半ば諦めていますが、ただ授業準備も徒労というわけではなく、自分なりに勉強になっています。その点では、いい機会だとは思っております。

さて。

先日、太田道灌の展示があるということで、何年ぶりかで江戸博へ行って参りました。ついでに?夏目漱石の企画展をやっていたので、寄っていくことに(招待券を下さったYさんありがとうございました)。凄い人でびっくりしました。漱石の人気はやっぱりすごいですね。
常設展のスペースに行くと、「外人さん」が大変多いのが目に付きました。東京観光のルートに入っているためだろうとは思うんですが、なるほど、ここの博物館の役割ってのはほかとは少し違うな、と感じ入りました。

偶然にもこの日は太田道灌のミュージアムトークがあり、学芸員のSさんのお話を伺うことができました。なかなか興味深いお話も聞けて良かったです。

その後は両国駅前でちゃんこを食って、そして飲んで(笑)。さすが両国というか、ほかの駅前とは違ってちゃんこ屋ばかり。都内に住んでいながら、この独特な雰囲気にひたっていると、なんだか小旅行をしたような気分になりました。

この秋は、関東の博物館は一斉に中世の企画展をやっているようで、喜ばしい限りです。全部行くのは難しいですが、ここは行きたいなぁと思っています。

以上近況でした。

« 菅浦 | トップページ | 中世後期のありがたい一冊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/16863290

この記事へのトラックバック一覧です: 非日常的日常:

« 菅浦 | トップページ | 中世後期のありがたい一冊 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック