記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 忍城と成田氏をまなぶ | トップページ | 大島・奥津島神社 »

2007.11.29

自我忘却への階梯

このところ、わけあっていろんな方の論文を拝読しております。
いや、とても勉強になりますし、刺戟にもなるんですが、なんか…自分の研究を忘れてしまいそうです(笑)。

急遽、自分の研究について報告する機会があったのですが、なんかいろんなことを忘れていたというか…、いや、まずいですなこれは。突っ込まれた点に対して、うろ覚えに任せて心にもないことを口走ってしまい、墓穴を掘って支離滅裂に。

来週にはだいぶ落ち着くので、自分の研究を復習せんとなぁ…(笑)。
もしやこれは…、老化?


ヨタはこの辺にして。
荒木和憲『中世対馬宗氏領国と朝鮮』(山川出版社、2007年)受贈。ありがとうございます。
対外関係というと、どうしても海外史料(中世の場合は主に中国・朝鮮)に注目が集まりがちで、それらの諸国の動向に歴史像が引きつけられがちなんですが、そうした視点ではなく、日本の中世史的特質に注目する形で、武家領主としての宗氏の権力の在り方も見据えながら対外関係像を描出しておられます。分野こそ違え、私自身も問題関心としては共感しておりますので、勉強させてもらっています。

山川だからなのか?定価が控えめですね。最近、別の某社の価格設定はエスカレートしすぎではないかと思ったりもするんですが…。こういう時代だから仕方がないということになるんですかねぇ。

中世対馬宗氏領国と朝鮮 (山川歴史モノグラフ 12)中世対馬宗氏領国と朝鮮 (山川歴史モノグラフ 12)
荒木 和憲


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 忍城と成田氏をまなぶ | トップページ | 大島・奥津島神社 »

コメント

20代で著書出版というのは凄いですよね。
この前の史学会大会にもいらしていて、
懇親会で御一緒させていただいたのですが、
私のテンションにドン引きされていたようです・・・

すごいペースで論文を書かれていましたから、20代での上梓もむべなるかなですが、確かにすごいことですね。
私は、史学会ではお見かけしませんでしたが、そうか、おいででしたか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/17217164

この記事へのトラックバック一覧です: 自我忘却への階梯:

« 忍城と成田氏をまなぶ | トップページ | 大島・奥津島神社 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazon

最近のトラックバック