記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 「三武将」特番を見る | トップページ | ディプロマ・ミル問題 »

2008.01.09

地域の好著二冊

ネタ切れ気味なので、最近買った本から2冊紹介。
いずれも地域密着的な内容ですが、それでいて意義深いものです。

まずは谷口一夫『武田軍団を支えた甲州金・湯之奥金山』(シリーズ「遺跡を学ぶ」39、新泉社、2007年)。正直言ってタイトルにやや不安を覚えましたが(笑)、なかなか重厚な本です。
甲斐における金山遺跡を中心とした解説がされているもので、特に山梨県身延町にある湯之奥金山遺跡の発掘調査の報告が中心となっています。カラー写真が多く掲載されており、とても見やすくなかなかの好著でした。以前岩手の金山遺跡を実見しましたが、そこで見たものと当然ながら一致するものが多く、とても興味深いです。たまたま書店で見つけて買ったのですが、思わぬ掘り出し物でした。

もう一冊は、滋賀県教育委員会編『近江城郭探訪―合戦の舞台を歩く』((財)滋賀県文化財保護協会発行・サンライズ出版発売、2006年)。これは去年滋賀へ行った時に買いました。滋賀県内の城跡探訪コースを解説したもので、縄張り図や写真が多く掲載されており、城跡を見るには格好のガイドブックと言えそうです。今度滋賀へ行く時は、是非とも参考にしたいと思います。
サンライズ出版という所は滋賀の地方出版社のようですが、郷土史関連の書籍をたくさん出しておられるようですね。ほかにいくつか面白そうな本もあるので、いずれ購入を検討したいと思います。

4787707396武田軍団を支えた甲州金・湯之奥金山 (シリーズ「遺跡を学ぶ」 39)
谷口 一夫
新泉社 2007-09

by G-Tools
Amazonで詳しく見る by G-Tools

« 「三武将」特番を見る | トップページ | ディプロマ・ミル問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/17631975

この記事へのトラックバック一覧です: 地域の好著二冊:

« 「三武将」特番を見る | トップページ | ディプロマ・ミル問題 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazon

最近のトラックバック