記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 採点マラソン | トップページ | 今年も冬(だけ)の主役か? »

2008.02.07

地方出版社の歴史と現在

朝日新聞夕刊(東京版)で、「わが町で本を出す」という特集を今やってます。
今まで出てきた中でも、葦書房マツノ書店など、郷土史関係でもお馴染みの出版社が取り上げられていました。

私はそれこそ郷土史系の出版物しか知らないのですが、これらの出版社が実に高い志を持って出版事業に取り組んでおられるのか、勉強になりました。いや、まさに現代史の一齣といった感じですね。そして、とても営利目的では続けられない事業だな、ということも…。

昨年、マツノ書店さんは菊池寛賞を受賞されたのこと。業界にとってはほんとに大変な時代だと思いますが、郷土の文化の灯が消えないよう、永く地域の出版事業が続くよう願います。
ところで記事を読んで知ったんですが、復刻数は年に何冊と決められていたんですね。まぁ、そりゃそうか。復刻して欲しい本はたくさんあるんですが、あれもこれもというわけにはいかないですからねぇ…。

« 採点マラソン | トップページ | 今年も冬(だけ)の主役か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/40039663

この記事へのトラックバック一覧です: 地方出版社の歴史と現在:

« 採点マラソン | トップページ | 今年も冬(だけ)の主役か? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazon

最近のトラックバック