記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 予想外です | トップページ | 雑務山積 »

2008.06.30

チラシの裏がわりに

〆切原稿、なんとか間に合わせました。まさに「間に合わせた」というのがしっくり来るていたらく。いかんなぁ…。

さて、昨日は大阪歴史学会の大会に行ってきました。確か2年ぶり。
個人的には戦国期の摂津の国人領主についてのIさんのご報告が目的でした。討論時間が短くて(ここは強調しておきたい(笑))質問しそびれたので、備忘の意味を込めてここでこっそり書いておきます。

(1)
これは当日別の方から質問がありましたが、南北朝期では「在地領主」と呼んでいる存在が「室町中期」になると「国人領主」と呼ばれる勢力に呼び変えられている点について、その過程が不明瞭に見受けました。
どうやら、転換のメルクマールについては、荘園における沙汰人や請負代官になることを特に重視しておられたようだけど、原因と結果の関係が曖昧では?(「国人領主」になったから請負代官の候補になる、という筋道だってあるし、それも当然想定しておられたようだが…)
第一章小括で「流通支配や領主間相互の血縁関係、在地寺院との関係調整を通じて、室町中期までに台頭した勢力が国人領主層として発展」とされているけれども、この結論はあまりに一般的過ぎないか。現段階ではその内実を問う議論になっているので、そこでの独自の見解をもっと聞きたいです。

(2)
摂津勝尾寺・箕面寺の史料から様々な「地侍」が関与していることを指摘していたが、「地侍層」の存在形態に関する見解がよくわからなかった。レジュメ中には「所属」とか「上下関係」とかいろんな言葉で表現されているけど、それぞれ国人領主と具体的にどのような関係だったのかが不明。

(3)
結局のところ、「摂津における国人領主と地域」というのは、どのように位置づけられるものなのか。「おわりに」では、摂津の国人一揆は「その主体となった国人層は小規模であり、他国と異なり惣国一揆や地域的公権力へは発展しない」とするが、それがなぜなのかもう少し踏み込むべきでは。
一つに守護権力の弱さを要因として挙げられているようだけど(逆に荘園領主の影響力を大きく見ている)、あくまで一般的な理解に立つならば、そもそも惣国一揆の発生するような地域は総じて守護権力が弱体である(あるいは敗北し去っている)ような気もするが…? この理解が正しいならば、大きく齟齬していることになりますが。

地域社会と権力との関わりについて、戦国期であっても荘園領主という存在が無視できないというのは大いに賛同できるのですが、そうであるならば、荘園領主と地域社会との関係についてもうちょっと突っ込んだ議論が必要じゃないかなぁと思いました。この辺は無い物ねだりですが、単に守護に対するパワー・オブ・バランスの客体でしかないような印象を受けたのは少し残念です。

« 予想外です | トップページ | 雑務山積 »

コメント

そもそも「国人領主」という学術用語が、現在の研究段階に照らすと、必ずしも明確な概念規定がなされているとは言えないと思うんですよね。そんなわけで私は自分の論文では「国人領主」という言葉は使わないようにしています。

まあ、それを言ったら「在地領主」というのも結構曖昧な概念なのですが、どうも代替となる上手い言葉が見つかりません・・・coldsweats02

この辺りの研究概念の問題も例の合評会で取り上げようかなあとも思ったのですが、ちょっと本筋から外れてしまう気もしますので、思案中です。

 私は体がしんどかったため、大会は失礼させていただきましたが、最後の準備会(5月30日)でお聞きした限りでは「大丈夫かなぁ」と思っていたのですが。かわとさんの書かれているのを拝見する限り、不安は的中してしまったようですね。

 でも、本が八掛けで買えるので、惜しいことしたと忸怩たる思いです。

 なお、体がしんどかった理由ですが…実は就職先が決まりまして、6月2日より地元大学にて働いております。といっても研究職ではなく、司書としてですけど(^^;

>御座候さん
確かに「国人領主」概念は個々によってイメージが統一されていない感があって、わかりづらいものになってますね。
たかが用語、されど用語、というか…。何気なく使っている言葉がちゃんと説明できるのか、私も反省しないといけません。

>たけうちさん
報告の筋道自体には破綻もなく、わかりやすかったですよ。だからこそ、いろいろと質問したいことを考えることができました。
ご着任おめでとうございます。司書も立派な専門職ですから、エキスパートを目指してがんばってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/41694808

この記事へのトラックバック一覧です: チラシの裏がわりに:

« 予想外です | トップページ | 雑務山積 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック