記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 山形城跡 | トップページ | 旧松応寺観音堂・八幡神社石鳥居 »

2009.02.15

赤塚諏訪神社の田遊び

Itabashittaaosbi_31Itabashittaaosbi_29珍しい神事があるとのことで、赤塚諏訪神社(東京都板橋区)の田遊びを見に行きました。
この祭りの始まった時期は不明だそうですが、19世紀前半の『新編武蔵風土記稿』において大昔から行われているという記述があるそうで、起源は中世に遡るとも言われているようです。
この諏訪神社は15世紀半ばに千葉自胤(よりたね)が信州の諏訪大社を勧請したのが始まりと伝わっています。

Itabashittaaosbi_15Itabashittaaosbi_16いざ行ったら結構な人出でして…。ほとんどまともな写真は撮れませんでした。なので、写真を見てもなんのことやらほとんどわからないと思います(笑)。次第については、こちらこちらなどをどうぞ。

私は行くまでは田楽の一種か?なんて思っていたんですが、全然違ってました。田遊びとは元々小正月の頃の行事で(左義長も同時に行っているあたりがそれっぽい)、稲作の生産過程を模擬的に辿ることによって、豊作を祈願するものだそうです(「予祝」と言います)。近世までは各地で行われていたようですが、現在まで残っているのは非常に珍しいとのことで、国の重要無形民俗文化財に指定されています(しかも最初に指定を受けたらしい)。

Itabashittaaosbi_35Itabashittaaosbi_47この左写真がメインの田遊びを行っている場面。…なんですが、祭りの中ではむしろ地味(笑)。場面々々で天狗をはじめいろんなキャラクターが登場してくるので、2時間ほどかけてやるのですが、見ていて飽きません。

これだけの祭りを村で行うためには相当な負担が必要だったはずで、この地域はかなり裕福な所だったのかもしれないなあ、などと感じました。大都市江戸の近郊で、中山道の板橋宿に近いという地理的条件のゆえでしょうか。
江戸時代にもこの祭りは江戸で結構話題になっていたそうで、当時の文人たちもこの田遊びを記録しているとのことです。

折口信夫氏による田遊びの文章が青空文庫にありました。ご参考までに。

« 山形城跡 | トップページ | 旧松応寺観音堂・八幡神社石鳥居 »

コメント

こんにちわ。田遊びに興味ある人で、赤塚の田遊びの「資料」(40年から50年以上前の録音テープ。録画テープがありましたら)お借りしたいと思っています。是非御願いいたします。bykin

>bykinさん
お尋ねの件ですが、私は所持しておりません。
板橋区の教育委員会にお尋ねになるのが一番近道ではないかと思いますが、いかがでしょうか(既に照会済みでしたらすみません)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/44074324

この記事へのトラックバック一覧です: 赤塚諏訪神社の田遊び:

« 山形城跡 | トップページ | 旧松応寺観音堂・八幡神社石鳥居 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazon

最近のトラックバック