記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 尾浦城跡 | トップページ | 鶴岡城跡 »

2009.02.23

見るに堪えない「天地人」

一応これまではほぼ欠かさず見てるんですが、段々辛くなってきました。

もちろんどこまでも史実に忠実たれと思っているわけではないんですが、時代劇である以上は、その時代の社会像とか人々の行動様式に配慮するのが最低限のお約束ではないかと思うんです。というか、それに縛られつつも、どのようにして現代人の感動を呼ぶドラマに仕立て上げるかというのが醍醐味ではないでしょうか。
すべて現代風に“アレンジ”(と言えるようなものでもないか)するのなら、別に時代劇でやらなくてもいいわけで、現代劇でやってしまえばいいんじゃないですかね?

大河ドラマだから時代劇じゃないとね、ってな感覚(実際は過去に現代劇もありましたが)でなんとなく時代劇をやってるだけで、それ以外の理由で制作側に時代劇をやってる矜持があるんですかねえ? そこらへんの“熱意”が伝わってこないように思えるんですが。

あと、大河ドラマは映像技術のレベルが高いのが売りだったと思うんですけど、今年はやけにチープですね。なんでも不況のせいにしてほしくないところですが、どうなんでしょうか?
ほんと、いいなと思うのはオープニング曲ぐらいしかありません(笑)。

まだしばらくはできるだけ見続けようと思いますが(今のところネタにはなるので(笑))、最後まで持つかなあ?
今年は早めに終わるそうですが、実はそれが救いかも。

大河だけに、低きに流れるということですね。お後が宜しいようで。

« 尾浦城跡 | トップページ | 鶴岡城跡 »

コメント

最近はやたらと「人命尊重」「平和主義」を唱える登場人物が多いですね。現代の価値観を投影しすぎていると思います。


他の方も指摘していますが、秀吉が常に信長に近侍しているのには非常に違和感があります。既に織田家中の重臣のはずなんですが、よほど暇なんでしょうか??

信長と謙信の生き方を対比させる狙いから信長をクローズアップしているのでしょうが、信長の家臣がほとんど登場しないというのはどんなもんでしょうね? 結局、上杉景勝との関係が深い柴田勝家・羽柴秀吉と謎のくノ一しか登場していません。当時の最強勢力であるにもかかわらず、非常に人材不足であるように見えてしまいますweep

>御座候さん
人命、平和というのは確かに重要だと思いますが、描き方は工夫してほしいですよね。今年の大河よりも、たとえば藤木久志さんのご著書の方がよほど訴求性を感じます。

私があえて言うまでもないですが(笑)、天正5年(1577)頃というのは信長にとって最もピンチだった時期なわけで、できてもない安土城でぐうたらしている場合ではないはずですけどねえ。
まして秀吉は信長の不興を買っていたので、首が飛ぶんじゃないかと長浜で戦々恐々としてたんじゃないでしょうか(笑)。

ごちゃごちゃ人を出して複雑にしたくないというのは理解できなくもないですが(北条が肖像で処理されたのはたまげたけど(笑))、上杉憲政を出さないのだけはどうしても理解できませんねえ。謙信が死んだらどうするつもりなんでしょう?
「御館」って誰のことか脚本家は知っているのかすら不安になります(笑)。

手取川の戦いというと、秀吉の無断離脱が有名ですが、今回の大河の描き方ですと、もともと秀吉は参戦していないことになっているようですね。

確かに上杉憲政が出てこないのは気になりますね。「関東管領」うんぬんの発言はあるのに憲政の不在は非常に不自然です。御館の乱をどう描くのかも謎ですね。

すでにテレビつけてはいますが、ほとんど見てない状態になりつつあります。
気がついたら9時だったなんてことになるのも時間の問題かも^^

直近でいえば、手取川の戦いをあんなわけわかんない回想シーンじゃなく描いて欲しかったんですけど。

大河ドラマみなくなったら残るは「ダーウィンが来た!」だけ^^
ひょっとしたは今のテレビはいつ壊れたのかもわからずに寿命を終えるかもしれません。。。

>御座候さん
御館の乱、どう描くかみものですね。
これからも見ようと思うか、挫折するか。はてさて。

>武藤 臼さん
これからの兼続の戦争はマイナーなのばっかになるだけに、手取川ぐらいは派手にやった方がよかったのでは…、とは思いますね。
戦争シーンがほとんどなければ、いったいどの時代をやってるのかわからなくなりそうです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/44150959

この記事へのトラックバック一覧です: 見るに堪えない「天地人」:

» 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第8話 [自記公開書]
某コーエーの国取りゲームを久々にやりつつ見ておりました。 ぶっちゃけゲームメイン [続きを読む]

« 尾浦城跡 | トップページ | 鶴岡城跡 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック