記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 那須神社 | トップページ | 伊王野城跡 »

2009.04.14

幕末薩摩の好著

Satumajin桐野作人『さつま人国誌―幕末・明治編』(南日本新聞社発行・南日本新聞開発センター発売、2009年)受贈。ありがとうございます。
鹿児島の南日本新聞で連載されていた記事をまとめたもので、ご本人のブログでも掲載されており、拝読しておりました。

思えば私も10代の頃はそれなりに幕末にも興味があって、司馬遼太郎の小説をよく読んでいましたが、今では日本史のなかでも最も疎い時代の一つになってしまいました(笑)。勉強させていただきます。
それにしても、幕末の人物で人気者といえば、今も昔もずっと変わりません。しかし知名度は低くても趣深い人物はたくさん居るのが当然です。そうした「埋もれた」人物にスポットが当たっていて、幕末に一家言ある方にとっても読み応えがあると思います。


このほか、何人かの方々より抜き刷りをご恵送くださっております。ただ、色々と雑事に紛れていまして、お礼のご返事が遅れております。毎度の事ながら申し訳ありません。
最近はほとんど建設的な作業ができておらず、すっかり惚け気味です(笑)。自らに喝。

« 那須神社 | トップページ | 伊王野城跡 »

コメント

こんばんわ。
ココログの紹介ページで拝見しおじゃましております。
福岡在住で薩摩は割と身近で興味ありますが、幕末の薩摩はうまいというか、水戸や長州に比べ政治的ではあるようですね。
小松帯刀など若くして亡くなった人物が惜しまれます。
おもしろそうですね。

>KOZOUさん
(2009.4.19追記:宛名が間違っておりました。失礼いたしました。)
コメントありがとうございます。
幕末の薩摩藩は、色々と立ち位置を変えながら、うまく立ち回ったというイメージはありますね。

この時代の有名人は、ほかの時代と違ってみな若くして活躍しているのも印象的です。
もしよかったら手に取ってみてください。

かわとさん、こんばんは。

拙著のご紹介有難うございます。
評論ですので、あえて貴ブログで紹介いただくほどのものではないのですが……。

そういえば、御高著の紹介を拙ブログでまだ果たしておりません。これでは片落ちですな(汗)。

>桐野さん
どれほど魅力を伝えられたか、心許ないですが…。

拙著については、どうぞお気になさらないでください(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/44664081

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末薩摩の好著:

« 那須神社 | トップページ | 伊王野城跡 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック