記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 都市の「比較史」の可能性 | トップページ | 地元へ帰って耳学問 »

2009.05.29

都市史ブームの胎動

もう少し歴研大会ネタを引っ張ります(笑)。

今年の大会ではなんとか最低限欲しいものを押さえたのですが(今谷さんの本買うの忘れてたけど…)、そのうち、都市に関する研究書がわりと多くを占めました。
もちろん購入本の選択は私の主観が入っているのですが、そうとはいえ、最近は都市に関する書籍がわりと立て続けに出ている感がします。

(1)仁木宏・松尾信裕編『信長の城下町』(高志書院、2008年)
(2)山村亜希『中世都市の空間構造』(吉川弘文館、2009年)
(3)安野眞幸『楽市論―初期信長の流通政策』(法政大学出版局、2009年)
(4)山田邦和『京都都市史の研究』(吉川弘文館、2009年)

これだけ並ぶと壮観。
(1)は、織豊政権に関係する濃尾や近江、そして大坂といった城下町についての、考古学・地理学的成果も含めた分析。研究の現況がわかりやすく理解できて、なかなか秀逸だと思います。
(2)は、中世歴史地理学の若手のホープの著書。個人的には結構待ち望んでいました(笑)。
(3)は、いわゆる通説的イメージの「楽市楽座」理解に対して批判的に検討されています。実のところ、私も個人的には通説には違和感を少なからず持っていたので、議論のきっかけになるのを期待したい一冊。
(4)は、1万円を切るのが信じられない本(失礼な紹介の仕方ですが…)。売り子をしていた版元の方からも、かなり自信ありげに紹介されました。ご専門は考古学、というか、「京都学」と言うべきでしょうか。前近代京都を知るためには、必携と言ってもいいと思います。こちらのブログでもお馴染みですね。

先に紹介した『中世の都市』も含めて考えると、いよいよ「都市史ブーム」の到来でしょうか。刮目して待ちたいと思います。


最後に私事ですが、大会が終わってもまだドタバタしております。史跡ネタは6月に入ってから再開いたします。

4862150454信長の城下町
仁木 宏 松尾 信裕 編
高志書院 2009-01

by G-Tools
464202882X中世都市の空間構造
山村 亜希
吉川弘文館 2009-02

by G-Tools
4588250558楽市論―初期信長の流通政策 (叢書・歴史学研究)
安野 眞幸
法政大学出版局 2009-04

by G-Tools
4642093184京都都市史の研究
山田 邦和
吉川弘文館 2009-05

by G-Tools

« 都市の「比較史」の可能性 | トップページ | 地元へ帰って耳学問 »

コメント

かわとさん お久しぶりです。
夫が、かわとさんのブログで紹介してくださっていると、たいそう喜んでおりました。
感謝感激。ありがとうございます。

>ヨウダさん
お久しぶりです。
紹介というほど大したことを書いてはいませんので、逆に恥ずかしいです(笑)。

まだ熟読はしていませんが、じっくり拝読して勉強させていただきます。どうぞ宜しくお伝え下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/45162009

この記事へのトラックバック一覧です: 都市史ブームの胎動:

« 都市の「比較史」の可能性 | トップページ | 地元へ帰って耳学問 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック