記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 計画失敗? | トップページ | 将来が気になる節目 »

2009.08.28

2009年サマーセミナー御礼

2009summer2009summer_2先日書いた某イベントの顛末ですが、恒例の中世史サマーセミナーに参加してきました。
例年以上になかなかハードな日程でしたが(笑)、それだけに非常に充実した旅となりました。お世話になったみなさん、ありがとうございました。

場所は高野山。世界遺産にもなっている「町石道(ちょういしみち)」の一部を歩くのがメインテーマといったところでしょうか。左写真は、その「町石」の一つです。高野山の登山道に、一町(約100メートル)ごとに設置されたもので、文永年間(13世紀後半)のものが多く遺っています。

お恥ずかしながら、私は初めて高野山に行きました。かねてより一度行きたいと思っていたので、またとない機会ということで参加したわけですが、満足々々。山上では真田家ゆかりの蓮華定院に宿泊。真田信之・信繁(幸村)兄弟の書状もそれぞれ拝見することができました。

文書も紀州の有名なものから新出に近いものまでいろいろと拝見し、眼福でした。
ただし一点、写真を撮影する際にフラッシュを焚いている方が何人もおられたのはとても気になりました。一人二人だけなら個別に声掛けをするのはやぶさかではなかったのですが…。この辺は、事前のアナウンスがあってもよかったのではないかな、という気はしました。(もっとも、フラッシュを気にする必要はない、という意見もあるかもしれないのですが。)

サマーセミナー終了後は、昵懇の方々とオプションで高野山をさらに見て回りました。右写真は、その際に撮った奥の院にある織田信長墓。なぜか横には筒井順慶の墓が…。
戦国から近世初頭にかけて活躍した人たちの墓が特に多くて、興味深かったです。ただ、いかんせん蚊がすごくて難渋。さすがに涼しかったのですが、落ち着いて見るなら夏場は避けた方がよさそうですね。

2009summer_1その後は吉野方面にも足を伸ばしました。こちらも初めてだったので、大いに楽しませていただきました。予想以上に山がちで、各地にあるいわゆる「平家落人の里」を彷彿とさせるような立地でした。

とまあ、とても有意義な日々を過ごしたのですが、最終日に財布を落とすという大失態を犯してしまいました…。同行の方々には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。申し訳ありません。
結局、今日になって見つかったとの連絡が警察よりありました。いろいろと手続を既に済ませた後でしたが、とにかく今はほっとしています。これを反面教師として、皆さんも重々お気をつけ下さい。

かくしてまた史跡ネタが増えたわけですが(笑)、まだしばらくどたばたしますので、落ち着いたらいつものようにのんびり紹介していきたいと思います。

« 計画失敗? | トップページ | 将来が気になる節目 »

コメント

私もフラッシュは気になりました。実行委員の方が何も言っていないのに注意するのもどうかと思ったので、黙っていましたが・・・

ある方から「来るように。」と言われたものの、諸事情のため参加できなかったたけうちです。

そういえば、先月の阪神電車のPR誌で高野山を特集していましたけど、高野山に戦国武将の墓が多くある理由について「死んだ際に自分の魂が墓まで飛んで行けるようにするために、彼らは墓を建て、そこに髪や爪を納めたのだ。」とあり、「弘法大師に見守られ、戦国武将は戦地に赴くのであった。」と書かれてましたよ。

この根拠が何なのか分かりませんけど、興味深いところではありますよね。それが現代においては企業墓へと変わっていくのですから…。

>御座候さん
人数が多くて雑然としていましたしねえ。

>たけうちさん
そうでしたか。
高野山の位置づけというのは、戦国期になんらかの転換点を迎えているとはいえそうですね。

企業墓というのですか、知らなかったので驚きました(笑)。まあ、設置は個々の好みの問題ですから、あれこれは言いませんが…。

R25のインターネット版で、企業墓についての特集がありましたよ。(とりあえず、URL欄にリンクさせておきました。)

これによると、業務で命と向き合う企業やその他の団体が慰霊のために建てたり、団体の発展に貢献し、今は鬼籍に入ってしまっている方々を顕彰するために建てたりするらしいです。

…なんか、東京にある神社の企業版といった感じでしょうか(^^;

>たけうちさん
祀られる人にも信教の自由があると思うんですが、設置しようと思う人に対しては、そういうのを穿鑿するのは野暮なんでしょうね。

と思った次第です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/46054864

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年サマーセミナー御礼:

« 計画失敗? | トップページ | 将来が気になる節目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック