記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 高野山金剛三昧院 | トップページ | 高野山大門・壇上伽藍 »

2009.09.24

アカデミックの処世術?

水月昭道『アカデミア・サバイバル―「高学歴ワーキングプア」から抜け出す』(新書ラクレ329、中央公論新社、2009年)読了。例の本の続編という位置づけのようですね。

まず感心したのは、非常に読みやすいことです(嫌味ではありません)。250ページほどありますが、1時間半で読めました。本書の中で院生の文章力を批判していますが(かくいう私も…ですが)、それだけに、読みやすさへの配慮はかなり感じられます。

現状の大学院生とポスドク、オーバードクターの置かれた現状を生々しく報告して学術行政を批判し、その上で、就職難に喘ぐこれらの人々に処世術を授けよう、というものです。
冒頭は大学院や大学の組織の現状について批判的に解説しています。この部分は、なるほどと思う所が多かったです。前著の実績を受けて、舌鋒がより洗練されているように思えました。もっとも、自説を補強する事例がやや突飛で、かえって説得力に疑問を感じる部分もありましたが…(むしろこれは、本書全体にわたって感じたことでした)。

ま、それは小さいことで。むしろ問題なのは、では実際にポストを得るためにどんな処世術が求められるか、というメインの部分。研究者とて人間であり社会人ですから、それに見合った言動が大切、という話はよくわかります。…でも、それを言いたいがために、何十ページも割く必要があるのでしょうか…? これくらい書かないと社会性の乏しい院生はわからない、ということなのでしょうか。うーむ。

具体的な場面でも、首を傾げることが多い。例えば「アカデミアでは偉大なるイエスマンになろう」(p.73)ってどうよ…という気もするんですが。悪口ばかり言ってないで周りを幸せにするような言動にしろ、とか言われてもねえ。それでアカデミック・ポストが近づくと仰せですが、ほんとですか? そりゃあ、性格に問題のある人が研究者の世界でも鼻つまみになるのは当然ですが、ほかに必要なことはありませんか?

「論文は書きすぎたらイカン」(p.116)というのはびっくりしました(笑)。いや、書いてあることもわかるんですが、「目立ち過ぎないことこそが一番大切になる」(p.121)ってのは、いくらなんでも卑屈過ぎませんかねえ。もっとも「せいぜい年に三本くらいに留めたほうが身のためだ」(p.122)とも仰せなので、それ以上書いている方に対して言っているのでしょう。それに達していないので安心しました(笑)。いや、達していないとお先真っ暗、ということでしょうか…。

なお、「単著などを出すのも出来れば避けたほうがいい」(p.122)というのは、少なくとも私の居るギョーカイでは通用しないと言って良いと思います。研究分野によって「常識」はだいぶ違うので、著者の言うことが当たっている分野もあるとは思うのですが、その旨は本書のどこかで明記しておくべきではなかったでしょうか。誤解を招きます。

後半は、ギョーカイ内での人脈造りを強く求める主旨となっています。特に、学会の懇親会には必ず出ろ、と。この点、私は同感です。
そして、懇親会では「大物」に対して「論文ください」と言えと主張しておられます。そうなれば覚えめでたくなるかもしれないそうで。へえ、こういうのが風習になっているギョーカイがあるんですか。私には、それって厚かましいんじゃないの?という気もするんですが…、そういうわけでもないんですかねえ。この辺は、個々のギョーカイの「お約束」によると思うので、その点について注意を促すべきでしょう。真に受けて将来を棒に振る若い人が出ないことを祈るばかりです。
まあとにかく人脈を作るよう努力しなさい、という主旨なわけですが、それだけなら50ページ(第三章)も必要な話とは思えません。一行で済みます。ただ、第四章に関しては、これからドクターに進むような人に対しては有益な話も多いと思います。私くらいの年代になると、もう手遅れですが。

最後の方では、学振の特別研究員を「夢のような地位」(p.199)と評しています。しかし、その理由となったデータ(学振終了後の就職率の高さ)は、あまり当てにならないと思います。きっと私も「職持ち」にカウントされているはずだからです(笑)。
まあポスドク等全体での割合と比較すれば就職できる確率の高いことは言えるかもしれませんが、そりゃあ、学振はクジで採否を決めるものではないですからねえ…。ちなみに学振の採否において、著者が重視する人格は審査の対象にはならないと思います(笑)。(推薦者が必要なので、それすら取り付けられないほど申請者の人格に問題があれば別ですが。)


ネタにすると批判ばっかりになってしまうわけですが(著者なりに言うと、だから就職できないのでしょうけど(笑))、類書が少ないテーマなので、大きな社会的意義を持った本だと思います。前著以上に、議論を呼ぶ一冊になることを期待します。ただし、やはり事例がやや極端になる傾向は前著と同じで、その点でギョーカイに対して世間の誤解を招く懼れが少々あるのは、やや気がかりなところです。

4121503295アカデミア・サバイバル―「高学歴ワーキングプア」から抜け出す (中公新書ラクレ)
水月 昭道
中央公論新社 2009-09

by G-Tools

« 高野山金剛三昧院 | トップページ | 高野山大門・壇上伽藍 »

コメント

 おはようございます。楽しく拝読いたしました。私も立ち読みしましたが、なかなかおもしろかったように思います。ただ、ご指摘のとおり、疑問に感じる点があったのも事実です。
 20年余り大学に勤めましたが、本当にいろいろなことがあり、いろいろな人がいます。ちょっとここでは書けませんので、またお目にかかった機会にでも。
 確かに、実直に論文を書き続け、成果を挙げることが就職につながりにくいかもしれません。学位も役に立たないかもしれません。私自身ロクな論文も書いていないのに恐縮ですが、少なくとも少しずつでも着実に論文を書くことは重要だと思います。口先だけで大物(小物も)を批判して悦に浸り、自らは何も書かないという人は、やはりダメじゃないでしょうか。私はそれを「口論文」と呼んでいますが。まあ、私もそのうちに、何も書けなくなるだろうと思っています。

>渡邊さん
立ち読みされるギョーカイ人は結構いらっしゃるようですね(笑)。

本書で書かれている大学の“実態”が嘘だと抗弁するほど理想家・空想家ではないですけど、かといってゴマスリ人生を指南するのもちょっとお門違いじゃないのかなあ…などと思ったりしました。

やっぱり、研究者は研究して(=論文書いて)ナンボですから、本書の話はその上での話だ、ということですね。

一つ重要な指摘に、自分の研究がどんな意味を持つのか自省すべし、というくだりがありました。これは肝に銘じたいところですね。実証作業が無駄だというわけではありませんが…。


普段からとても問題意識が高くて、飲み会などで今すぐにでも論文として書いて欲しいような重要な話をしていながら、実際には論文をなかなか書かない(書けない)人に出会うことがよくあります。お節介ながら、もどかしくて仕方がありませんね。

これは、かなり分野的に偏った話ですね。

「論文量産するなって、どういうことだろう?」 とか、「ここで言う処世術って、一般的なサラリーマン社会のそれと同じなんじゃないの?」とか、突っ込みどころ満載です。

むしろ、「学問研究分野の周縁的なところに就職を求めろ」とか、「研究成果を応用して、自分で独立できるような経営分野を立ち上げろ」とか言ってもらった方がすっきりします。

>苅米さん
お久しぶりです。
一般社会でも通用するような処世術とも言えそうですが、ならば「アカデミア」という謳い文句に少々疑問符が付いてしまいますね(笑)。

周縁的な方向での就職という点では、少なくとも人文系では「教員免許を取るべし」というのが入っているべきでしょうね。本書ではこのことを書いていなかったのがちょっと不満でした。
ちなみに私は持ってませんが…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/46295408

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミックの処世術?:

« 高野山金剛三昧院 | トップページ | 高野山大門・壇上伽藍 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック