記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 書評を受けるという初体験 | トップページ | NHK教育の中世ネタ二件 »

2009.10.26

五條 御霊神社

GojogoryoGojogoryo_2ここから奈良県に入ります。
五條にある御霊神社。この地域には御霊神社が多く建っているそうですが、ここがその本社。
井上(いのえ)内親王・早良親王・他戸(おさべ)親王を祀り、延暦年間に創建されたとの社伝があります。井上は光仁天皇の皇后で、他戸は二人の間の子。母は異なりますが、早良もまた光仁の子です。
いずれも8世紀の権力闘争に敗れた人たちで、悲劇の人々の祟りを鎮めるといった意味が込められているのかもしれません。当初は霊安寺という寺院で、御霊神社は鎮守という位置づけだったようです。

縁起によると、御霊信仰の流行もあったのでしょうか、鎌倉期にかけてこの地域に多くの分社が建てられたそうで、地域の有力寺院(神社)として発展したと思われます。しかし正長元年(1428)に勃発した土一揆に対し、それを撃退しようとした畠山氏によって焼き払われたとされています。その後文明4年(1472)に本殿が再建されたことが、棟札によりわかっています。

Gojogoryo_3Gojogoryo_6こちらが本殿および早良神社・他戸神社(いずれも重要文化財)。覆屋があるため、うまく写真が撮れませんでした…。
近世以降度々改修されているようですが、15世紀の神社建築として貴重です。

境内には中世の石灯籠もあったようですが、見落としました…。そんなのあったかなぁ?

■奈良県五條市

« 書評を受けるという初体験 | トップページ | NHK教育の中世ネタ二件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/46589691

この記事へのトラックバック一覧です: 五條 御霊神社:

« 書評を受けるという初体験 | トップページ | NHK教育の中世ネタ二件 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック