記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« いわき 薬王寺 | トップページ | 岩城氏館跡(長友・高久) »

2010.04.04

Global or Local ?

ちょうど桜が満開ですが、今はそれどころではない、という状態。
今日は曇天で寒々としていたので、見なくてもまあいいかな。


今月、とある研究会で(別に隠す必要もないんですが)コメンテーターをつとめることになりました。

お誘いがあるのはとても光栄なこととしてなるべく頼まれた仕事は断らないようにしているのですが、今回の場合、報告者が非日本語ネイティブ(文章はある程度理解されるそうですが)。日本史をやっていると基本的に「言語の壁」を気にしないので、まったく慣れていないシチュエーション。通訳をしてくださるとはいえ、そこらへんがちょっと不安です。

こういう事態に直面すると、やっぱり英語くらいはできた方がいいのかなあ、とも思ったりしますねえ。むろん、思うだけなのですが…。読むのはともかく(時間はかかるけど)、話すのはまったくダメ。まさに、“じす いず にほんじん"、です。

テーマは銀貨流通。金や銀については勉強し直したいと思っていたところでもあったので、その点ではいい機会になりそうです。はてさて当日はどう転ぶか。

0520204085Fountain of Fortune: Money and Monetary Policy in China, 1000-1700
Richard Von Glahn
University of California Press 1996-12

by G-Tools

備忘のために、報告者の主要著書を。もしかしたら買うかも、ということで。
そういえば未だに洋書を買ったことがないのですが、アマゾンはその点やはり便利そうですね。クリック一発でアメリカやらイギリスから本が届くもんなあ…。

この本、和訳されたりしないんですかねえ。もっとも中国語訳ならともかく、日本語訳はもう商売として成り立たないのかもなあ。

« いわき 薬王寺 | トップページ | 岩城氏館跡(長友・高久) »

コメント

フォン・グランさんはある程度日本語出来ますよ。

>はすださん
そのようですね。
でも、やはり普段とは違うというところでちょっと緊張します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/47999422

この記事へのトラックバック一覧です: Global or Local ?:

« いわき 薬王寺 | トップページ | 岩城氏館跡(長友・高久) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon

最近のトラックバック