記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 中世の蔵を考える | トップページ | 盛岡城跡 »

2010.07.10

『国史大辞典』のネット検索

『国史大辞典』の版元の吉川弘文館から、『国史大辞典』がジャパンナレッジに加わった旨のDMが先日届きました。
ホームページなどで前々から宣伝していたのを知っていたのですが、登録しようかどうか逡巡していたものの、思い切って登録しました。
年会費の出費が少々痛いのですが(特に来年以降は…?)、元々『国史大辞典』を持っていなかったし、ジャパンナレッジでは『日本国語大辞典』(小学館)や『日本歴史地名大系』(平凡社)も検索できるのが魅力的。何度か使ってみましたが、全文検索が出来る点で確かに便利です。私は外でのネット環境を持っていないので(さすがにそこまでの出費はできない)、これでますます引きこもりになりそう…(笑)。

日本史を研究する上で、言うまでもなく上記三者の辞書類は最も基本的かつ必須のもの。それがネットで気軽に引けるのはやはり有り難いことですね。出費に見合う成果を出せるよう頑張ります…。

なお、当たり前ですが、業者の回し者ではありません(笑)。

次は『国書総目録』(岩波書店)あたりを電子化してくれないかなあ。需要がないか。

« 中世の蔵を考える | トップページ | 盛岡城跡 »

コメント

不躾に失礼します。

『国書総目録』はすでに、
国文学研究資料館のWEB上で
『日本古典籍総合目録』として公開されています。
 http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/about.html
しかも、登録不要・無料で(ありがたや)。
多少レイアウトに難はありますが、
随時増補もされているのでなかなか便利ですよ。

国書総目録ですが、国文学研究資料館のデータベース「日本古典籍総合目録」などはいかがでしょうか。 http://base1.nijl.ac.jp/~tkoten/about.html

すみません、確認不足でコメント被りました…。

>tororinさん、ヒライさん
ご教示ありがとうございます。
いや、全く知りませんでした(笑)。

これは重宝しますね。さっそくブックマークしました。
国文研はあまりアクセスしなかったもので…。そうか、盲点だったなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/48838622

この記事へのトラックバック一覧です: 『国史大辞典』のネット検索:

« 中世の蔵を考える | トップページ | 盛岡城跡 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック