記事検索



  • ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 塩竈神社・志波彦神社 | トップページ | 京都・寺内町・日根野 »

2010.09.27

多賀城跡

Tagajo_6Tagajo_12訪問順は前後しますが、多賀城跡です。
8世紀前半に蝦夷征伐の拠点として畿内の大和政権が築いた城郭であり、行政の中枢でもありました。本来は鎮守府の役割を担う施設ですが、陸奥国府にもなっています。いくつかの戦乱や天災(地震)による焼亡を経て10世紀まで機能したようですが、前九年の役・後三年の役の際に戦場となり、その後は衰退したようです。奥州藤原氏の擡頭とともに政治的機能が失われていったのでしょう。

しかし建武政権期に一度復興され、陸奥将軍府が置かれました。後醍醐天皇の皇子である義良(のりよし)親王(のちの後村上天皇)が北畠親房・顕家親子に奉じられてここを拠点としています。しかし足利尊氏が離反すると京都との往来を繰り返し、結局延元2年(建武4年、1337)に多賀城が陥落。義良は多賀城を去りました。

その後は北畠顕家が陸奥将軍府(「多賀国府」)を維持して幕府方(北朝)と戦いましたが、延元3年(建武5年、1338)に戦死。以後の陸奥将軍府は衰退し、陸奥国においては幕府方が優勢となってゆきました。
こうして多賀城の機能は衰退していったようです。ただし、中世で史料上に見られる「多賀国府」がそのまま今の多賀城跡と同じであったかどうかははっきりしないようです。

一応中世においても重要な場所ではあったのですが、現在史跡として整備されているのはあくまで古代の遺跡としてといった雰囲気でした。上の写真は中枢部に当たる政庁跡です。

Tagajo_17敷地はかなり広大なのですが、よく知られた通り、珍しいことに城の中はかなり起伏があります。これは畿内の宮城や大宰府とは異なるもので、どちらかというと城郭としての機能を優先した結果なのでしょうか。地理的には仙台平野の北端に位置し、国府の外港である塩竈に近いということも配慮されているのでしょう。

Tagajo_18Tagajo_21そしてこちらが、遺跡の中にある多賀城碑(重要文化財)。銘文によると、天平宝字6年(762)に造られたものとなっています。多賀城の修築記念として造られたものと考えられています。「日本三大古碑」の一つとされていますが、意外にも重文。これは、近代に偽作論争があったことが影響したのでしょうか。現在では偽作説は否定的のようです。

右写真は覆屋。これは水戸藩主の徳川光圀によって建てられたものだそうです(ほんとかどうかはよくわかりませんが)。野ざらしなのを放置するわけにはいかないという配慮があった、と言われています。

Tagajo_39Tagajo_44左写真は、政庁東側にある作貫(さっかん)地区の、遺構の保存展示。堀と橋脚の跡だそうです(わかりにくいと思いますが、透明の杭が立っている所が橋脚跡)。

右写真は、政庁北東側にある六月坂(ろくがつざか)地区の多賀神社。これでも延喜式内社です(笑)。
当時からここにあったのかはわかりませんが、鬼門の鎮守の役割を担ったのでしょうか。

Tagajo_51ただ、鎮守としての役割を担ったと思われる神社がもう一つ。陸奥総社宮です。中世においても留守氏の保護を受けたことがわかっており、由緒のある神社です。

Tagajo_63Tagajo_66陸奥総社宮のある辺りが多賀城の北東端に当たり、そこでは門の跡が発掘されています(写真)。こちらが塩竈とを結ぶ出口に当たっており、多くの物資の往来したことが想像されます。

遺跡自体はかなり広大で、くまなく見て回ると数時間は必要かもしれません。しかも起伏が結構きついので、暑い日や雨の日は結構辛そうですね。ちなみに、多賀城跡については東北歴史博物館のHPが詳しいのでご参照ください。

■宮城県多賀城市

« 塩竈神社・志波彦神社 | トップページ | 京都・寺内町・日根野 »

コメント

多賀柵、多賀城は賀美郡部内に在った。名取以南十四郡から遠く離れた所にあったのです。多賀城碑は名取郡近くから出土したとされたとされています。
多賀城が名取郡近くに在る道理がありません。多賀城碑文に虚偽が記されています。
神亀元年に大野東人は未だ按察使や鎮守将軍ににんぜられていません。
出土場所、碑文に虚偽から多賀城碑は偽物と断定されます。改修理由を記さない改修記念碑などありません。東北歴史博物館にといあわせましたが明確な返答がありません。いずれにせよ、多賀城碑出土地は続日本紀にきされた多賀城ではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多賀城跡:

« 塩竈神社・志波彦神社 | トップページ | 京都・寺内町・日根野 »