記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 年末を忘れる | トップページ | 三十三間堂 »

2010.12.16

但馬と丹後の史跡巡り

AmanohashidateTakedajo_23先日、但馬・丹後を中心とした史跡巡りに出かけてきました。年末にこの予定を入れたために、スケジュールが詰まってしまった感もありますが…。

多くの史跡を見ることが目的ですが、もう一つはやっぱりカニ。城崎温泉でカニづくしとなりましたが、すばらしかったです。もちろん温泉にも浸かって、言うことなし。こんな贅沢な旅行も、これからしばらく難しくなりそうです。

主に兵庫・京都の日本海側が中心になったのですが、新大阪駅を起点にしたこともあり、初日を有馬温泉泊にして北摂も少し廻りました。最後は丹波の史跡も少し廻って帰ってきましたが、三日間の走行距離がとんでもなくなりました(笑)。300km超えてるかも。

ただ、天気が…。最終日に天橋立に行った時には天気も回復したのですが(左写真)、二日目の竹田城跡(右写真)は残念な結果となりました(まあ、これはこれで珍しい景色かもしれませんが)。是非晴れた日に再訪したい。
こんな天気でしたが(しかも平日)、若いカップル?や家族連れの方々も来てました。恐るべし城ブーム。

Ayabeankokuji_1ここ用のネタ集めも兼ねて(笑)、今回もマニアック史跡を多く見てきました。写真は、綾部にある安国寺の宝篋印塔。この地域はかつて上杉荘と呼ばれた荘園で上杉氏の名字の地とされており、足利尊氏がここで誕生したという伝承があります。そして、真ん中の宝篋印塔は足利尊氏の墓と伝わっています。詳しいことはまた別途。

予定を詰め込んだため結構駆け足になったのですが、それでも廻りきれませんでした。地図で見るのと実際に車で走るのとでは、距離感がまったく違ってました。機会を見付けて再訪したいところです。

« 年末を忘れる | トップページ | 三十三間堂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/50320355

この記事へのトラックバック一覧です: 但馬と丹後の史跡巡り:

« 年末を忘れる | トップページ | 三十三間堂 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Amazon

最近のトラックバック