記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索
無料ブログはココログ

Tools

« 八王子城跡(1) | トップページ | 思いを新たに »

2011.03.31

「享徳の大津波」の可能性

震災前にあった以下の記事が話題になっているようです。

「室町時代、東北から関東の太平洋岸を巨大津波が襲った可能性があることが、産業技術総合研究所の調査で分かった。東北地方南部沖で起きたマグニチュード(M)8級の地震による津波らしい。この地域は9世紀にも国内最大級の津波の痕跡が確認されており、数百年間隔で巨大地震による津波が繰り返されている可能性がありそうだ。 」(http://www.asahi.com/science/update/1106/TKY201011060338.htmlより)

今回の大地震と大津波については、比較的記事が多く遺されている貞観11年(869)の地震と比較されており(こちらで詳しく解説されています)、それ以来の「千年に一度」の地震と報道されています。政府や東京電力も、“逃げ”(=「想定外」)の根拠として、ことさらに「千年」を強調しているきらいもありますが…。

ところが上記記事によると、貞観地震や今回の地震に近い規模の地震と津波が室町期の東北(陸奥)で起こっていた可能性の高いことが既に指摘されていました。記事によると、中でも14世紀の可能性が高いと見ている様子が窺えます。


そこで関係する記事があるかを「地震・噴火史料データベース」で探ってみました。そうすると、享徳3年(1454)11月23日の記事で、以下のような内容のものが見つかりました。

「夜半ニ天地震動、奥州ニ津波入テ、山ノ奥百里入テ、カヘリニ人多取ル、」(「王代記」、『山梨県史』資料編6所収)

このほか、「新撰和漢合図」などの史料からも、この日に大地震のあったことが窺えました。

この「王代記」は甲斐で書かれた年代記で、有名な「勝山記」との関連もある史料です。そういうわけで、言ってみれば二次史料ではあるのですが、陸奥を大津波が襲ったという記事に目を引きました。
もちろんこれだけでは、この時に本当に陸奥で大地震と大津波が発生したことや、先の記事にあるような津波の痕跡はこの地震のもたらしたものと断定することはできません(調査データと突き合わせて、15世紀半ばと解釈することが可能なのかはわからない)。ほかに関連史料が見つかればいいのですが、それもなかなか難しいでしょうね。ただ、甲斐でも揺れた地震が陸奥で津波を発生させたとなれば、今回の大津波に匹敵すると考えられるかもしれません。

ともあれ室町期に大津波のあったこと自体は調査によって明らかになっているので、少なくとも関係者が逃げ口上とする「千年に一度」というのは正しくないのではないかと思います。仮に1454年に同規模の地震があったとすれば、その半分の500~600年に一度は大地震と大津波が東北地方を襲うと考えるべきと言えそうです。

“想定”を超えて災害が拡大してしまったことは残念ですが、復興が果たされた後は、今回の経験が今後の防災対策に必ず活かされることになるよう切に願います。そして、手前味噌ですが、より歴史に学んでもらいたいとも思いますね。

« 八王子城跡(1) | トップページ | 思いを新たに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/51262808

この記事へのトラックバック一覧です: 「享徳の大津波」の可能性:

« 八王子城跡(1) | トップページ | 思いを新たに »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazon

最近のトラックバック