記事検索

  • Googleによる全文検索

    ウェブ全体から検索
    サイト内検索

読んだ本・読みたい本

無料ブログはココログ

Tools

« 【受贈】『記憶の歴史学』 | トップページ | 乳井神社 »

2012.01.01

謹賀2012

明けましておめでとうございます。

今やSNSやツイッターなどのネットメディアが増えてきて、ホームページのみならずブログの存在意義も徐々に揺らぎつつありますが、やはり長文を書き残せるという点でのブログの使い道が脅かされていはいないようです。
本年も細々と続けてまいりたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

昨年は社会全体で大きな画期となった年になりそうですが、私にとっても節目となる一年になりました。まだまだ未熟で周囲に迷惑をかけっぱなしですが、少しずつ成長していきたいと思います。
一方、本務たる研究方面では、情けなくも論文という体裁のものは一つも出せませんでした(書かなかったわけではないのですが…と言い訳)。幸いにもたくさん依頼をいただいたため、その執筆に傾注した一年だったかなあ。

さて、今年の抱負をどうすべきか。やはり論文を最低でも2本くらいは書かないといけませんね。もっとも、数が出ればいいというわけではなく、質の向上にも取り組まねばなりません。
そうとはいえ、年初からなかなか厄介な締切原稿を抱えてはいるのですが…。まずはそれが「仕事始め」ですねえ。

校務等々ほかにも様々な課題はありますが、それを乗り切るためにも、ともかく今年も健康に過ごせればいいなと思います。そのための努力は全然していませんが(笑)。そろそろなにか考えないといけないかなあ。まずはといってはなんですが、実は数ヶ月前についに禁煙したので、それを続けたいと思います。

それでは、皆さんにとってもよい一年となりますことをお祈りいたします。

« 【受贈】『記憶の歴史学』 | トップページ | 乳井神社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20022/53626820

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀2012:

« 【受贈】『記憶の歴史学』 | トップページ | 乳井神社 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazon

最近のトラックバック